パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

どんどんジレンマを作っていく。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

実際に変わり始めると、必ずジレンマが生じます。

ですから、どれくらい早くジレンマに陥れるかが、大切です。

次の記事も、ジレンマが出てきたことを示す記事です。

ですから、よい兆候です。

河野太郎氏 霞が関の女性職員に「配慮不要」と言われる

 国家公務員制度担当大臣の河野太郎氏が、霞が関で働く女性職員たちと意見交換したことをブログで報告……….≪続きを読む≫

いじめ・嫌がらせ被害体験者に向けて、

これまで何度もゴール設定をすることの重要性を述べてきました。

もちろん、私に対する信用がないことは大きな理由ですが、

それでも、ゴール設定をする人は少数派です。

ゴール設定の本を買っても、ゴール設定をしない人のほうが多いぐらいです。

ゴール設定をしようとしないと、

ゴール設定の難しさについても知ることはできません。

適切なゴール設定をしたいけれどもできない、というジレンマに陥ることさえできません。

私の言うとおりにやってね、という意味ではなくて、

ジレンマというのは成長している証拠だということです。

ですから、こちらを立てればあちらが立たずという状況なら、

ぜひ喜んでください。

ジレンマを解消する簡単な方法については、

過去の記事でご紹介していますので、

ぜひそちらを参考にしてください。

どんどんジレンマにぶち当たっていきましょう。

それこそが、自分が変わるコツですよ。

参考記事

「本当に?」で思い込みを外す。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

過去は自己否定の理由にはならない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  計算問題を間違えたとき、  「自分はバカだ」と思うのも、  「あれっ、おかしいな」と思うのも、  どっちでも自然なはずです。  計算問題を間違えたことは、「自分はバカだ」と思う理由にはな …

no image

趣味のゴールを設定すると、思い込みが外れる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

コーチングの最終目的は、クライアントが本当のゴールを見つけることです。 心の底から達成したいと思うような、ゴールのことです。 そのようなゴールが見つかったら、過去の傷など気にならなくなります。 そのた …

no image

頭を使わないのは、とっても簡単【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「日本人は従順な教育をされている」 ラグビー前HCが「自分で判断すること」の重要さ強調日本中を沸かせたラグビーワールドカップ。日本代表チームのヘッドコーチ(HC。実質的な監督)を務めたエ… …

no image

相反すると思える分野に、ゴールを立てる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ体験は、自然とプラスのものに変わります。 しかし、それは今のあなたのままでは、難しいかもしれません。 現状維持では、過去の解釈もほとんど変わりません。 今までの自分とは違う自分になろう …

no image

自己卑下は美徳ではない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

Facebookで、少し前にも書いたのですが、 自己卑下は美徳ではありません。 自己卑下を求めてくるのは、 あなたに変わって欲しくない人だけです。 つまり、「私の思う、あなたでいてほしい」という人だけ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。