パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

幸せを感染させる人になる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

「あげまん女性」の共通点を知って、自分もカレもハッピーになろう
「あげまん」とは、一緒にいる男性に幸運をもたらしたり、出世させたりする「縁起のよい女性」のことをいい……….≪続きを読む≫

実はちょっと風邪をひいたらしく、

体調はよくないのですが、

動き出すと止まりません。

無理しない範囲で、やることをやっておこうと思います。

【理論編】

 ネガティブ感情と同じぐらい、ポジティブ感情は伝染します。

 被害体験者は、もちろん、ネガティブな気持ちになることは多いでしょう。
 
 しかし、自分がポジティブな感情の源になりたいか、

 それとも、ネガティブな感情の源になりたいか、

 ここだけは意識しておいたほうがよいでしょう。

 

 では、どうやったらポジティブ感情を伝染させられるかですが、
 
 一番大切なことは、リラックスすることです。

 人間には2つのモードがあります。

 1つは「闘争か、逃走か」モードです。これは交感神経優位の状態で、情動優位です。

 もう1つは「停止・計画モード」です。これは副交換神経優位で、理性優位の状態です。

 ポジティブ感情を持つことができるのは、「停止・計画モード」のときだけです。

 これは副交換神経優位の状態ですから、つまりはリラックスした状態のことです。

 言い換えれば、リラックスしていないとポジティブにはなれない、ということです。

 年末になり、やるべきことが多くなってきたでしょうが、

 いつも頭の隅にリラックスを意識しておきましょう。

 実験では、1分間に4~6回の呼吸回数にするだけで「停止・計画モード」に入れることがわかっています。

 ゆっくりと深呼吸して、やることを理性的に、楽しみながらすませていきましょう。 
 

【実践編】

1 呼吸に意識を抜けてください。呼吸の吸って、吐ききるまでの時間を調べましょう。

2 呼吸1回が10秒~15秒なら、リラックス状態にあると考えてもOKです。
  ときどき、思い出して、呼吸を整えるようにしましょう。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

誰の言動を取り入れるかを、自分で決める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

他人から、いじめ・嫌がらせを受けて、全く悪影響を受けない人はいません。 しかし、その悪影響を弱めることができます。 その方法の1つが、セルフトークのコントロールです。 セルフトークは、日本語では内言、 …

no image

人間は、恐怖に介入できる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

マウス、天敵の方が怖い=恐怖感情に優先順位-関西医科大 マウスが天敵キツネのにおいと電気的刺激の二つの恐怖に同時に直面した場合、生まれながらに持つ「先天的……….≪ …

no image

社会貢献のスピードを上げるのに、お金は邪魔か?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

社会貢献のスピードを上げるとき、お金儲けは邪魔になるでしょうか?当たり前ですが、なりません。 あなたと、ビル・ゲイツが、同じ社会貢献を始めたとき、 どっちが広がりやすいかを考えれば、分かることです。 …

no image

自分が変わらなくては達成できないことが、ゴールの条件。

今回は、「被害体験をプラスに変えるための、ゴール設定の条件」という話をします。 何度か書いてはいるのですが、ゴールには条件が2つあります。 1 「現状の外」2 「WANT TO」 今回は特に、「現状の …

no image

告白だって、大きな挑戦。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

成就するかも? 諦めるべき? 片思いを続けるか否かを判断するコツ5つ片思いをずっとしていると、「本当にこの恋はうまくいくのだろうか?」と不安になってくることもあるでしょ……&# …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。