パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える

好きなものがゲームでもOK?【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

投稿日:

ゲームのしすぎで失業&離婚…制作会社に賠償請求中!
どこまで訴えが認められる? ゲームにはまってしまうことって、だれにでもあるものです。でも、だ……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

家の前で、自動車同士の事故がありました。

特に怪我がなさそうでよかったです。

【理論編】

ゲームに3週間に熱中し続けたため、

会社をクビになり、離婚にもなった。

だから、ゲーム会社を訴える!という記事です。

コーチングでは、「WANT TO(~したい)」を大切にします。

自分がしたいことを大切にしよう!という立場です。

ただし、「自己責任」です。

記事の男の人は、

「会社に行かなければならない。」VS「ゲームをしたい。」で、

ゲームを選び続けました。

それを選んだのだから、

そこから当然に生じる結果は、自分が引き受けなければなりません。

自己責任というのは、

ゲームをし続けたことによる結果を、

「自分以外の責任にしない。」ということです。

ゲームをし続けたことを、ゲーム会社の責任にしない。

離婚に至ったことを、ゲーム会社の責任にしない。

なぜ自己責任が大切かといえば、

他者の責任にした時点で、「しなければならなかった」に変わるからです。

ゲームをしたいと思って始め、

ゲームをし続けたいと思って続けたはずですが、

ゲーム会社の責任にした途端に、

「ゲームをし続けなければならなかった。」に変わっている。

せっかく「したい」を選んだのに、「しなければならなかった」ものとして、

記憶としては残るわけです。

だから、自己責任が大切なのです。

自己責任を取っている限り、

その記憶は自分がしたい記憶として残るのです。

好きなことをしたなら、その結果は自分で負いましょう。

そうしなければ、せっかく好きなことをした記憶も、

強制されて仕方なくした記憶に、なってしまうからです。

【実践編】

1 好きなことをした記憶を思いだしてみましょう。
  例:上司に思う存分反論した。

2 その結果を、他者の責任にしてみましょう。
  例:上司が悪いからだ。

3 1と2で、浮かんだ感情の違いをかみしめて下さい。
  例:1はすっきりした気分でいたが、2を想像した途端に腹が立った。

-トラウマを克服して、強みに変える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの定義に当てはまるか

今回は、ニュースを取り上げて、パワハラの定義のご説明をします。   今回取り上げるニュースは、こちらです。『「学長メールはパワハラ」 国際大教授ら撤回要求 新潟』 http://www.as …

no image

【まとめ】やっぱり契約関係に過ぎない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 コミュニケーションの目的は「共有リアリティの構築」です。  誰もが独自の「現実」を持っています。  同じ空間にいたとしても、認識しているものは違います。  各自にとって違う現実を、共有することがコミ …

no image

【人気再UP】リラックスする簡単な方法2つ

災害についてのニュースを見るだけでも、 脳は「戦うか逃げるか」モードになります。   簡単に言えば緊張モードになります。   そして、災害時用の食糧を買いこんだり、 電池を買ったり …

no image

平成28年8月特例プログラムの開催

8月1日から、  月間特別プログラムとして、 「メンタル・リラックスプログラム」  を行います。  今後、行うかどうかはわかりません。  詳しい説明・お申し込みをご希望の方はこちら ⇒http://w …

no image

過去・現在の自分を助けるコーチになる。【トラウマを克服して、強みに変える。】

 マーケティング用語で、「バリュー・プロポジション」というものがあります。  これは、「自社が提供できて、他社は提供できない、顧客が望んでいる価値」のことです。  このバリュープロポジションの発見が、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。