パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

会社を辞めたいと思ったついでに。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

40代、50代になっても同じ会社に居続ける理由
今や多くの人が経験する転職。特に若手の場合は入社後数年で退職するという例も少なくなくなった。一方、転……….≪続きを読む≫

最近、英語普及の活動を支援しています。

お寺の住職の方なのですが、

日本人が英語で会話できるようになったら、

死んでもいいとおっしゃるような、

ノットノーマルな方です。

コーチングをしていると、

こういう方と知り合いになる率が高くなります。

【理論編】

 私は、「会社辞めよう派」ではありません。

 辞めなくても大丈夫なら、辞めなくてもいいんです。

 

 辞めざるを得ない人は、

 早く辞めたほうがいい、と述べているだけです。

 

 記事の中にもありますが、

 ブラック企業は何年経っても、ブラック企業です。

 会社が変わることを期待しても、

 ほぼ裏切られます。

 

 ですから、ブラック企業に入った瞬間から、

 転職なり、独立のほうを考えたほうがいい。

 

 もちろん、最初は考えるだけでいいんです。

 

 転職、独立を考えたら、

 ついで、です。

 自分は本当は何をしたいのかを考えてみましょう。

 考えるだけなら、タダですし、危険もありません。

 いきなり行動を起こす必要はありません。

 まずは、本当に自分がしたいことを想像してみましょう。

 

 想像の中でもできないことを、

 実現するなんて不可能です。

 だから、まずは想像の中でだけでも、

 自分のしたいことをしてみましょう。

 
【実践編】

1 自分が本当にしたいことをしている様子を、イメージしてみましょう。

2 そのイメージ実現のために、できることを書き出してみましょう。
  特に、今まで思いつかなかった行動プランがあるなら、必ず書き留めておきましょう。

3 許容損失の範囲内で、全部同時実行しましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを友人にグチっても何も変わらないが、一人で抱え込むよりはマシ。

パワハラに対して、友人に愚痴を言っても何も変わりません。 しかし、一人で抱え込むよりは、絶対にいい。 誰かに打ち明けることができるのは、一人で抱え込むより、よいことです。 — 三國雅洋:パワハラ解決コ …

no image

パワハラを受けて「自分に非がある」と思ってしまうのは危険信号

パワハラを受けていると、通常は怒りが沸きます。 しかし、「自分に非がある」と思ってしまう人もいます。 自分の問題点を把握して、改善しようとするのは、とても素晴らしいことです。 ただ、それは危険信号かも …

no image

コーチングで、マイナスをプラスに変える。

  パワハラや、嫌がらせを受けるなどの経験は、決してプラスではありません。 しかし、コーチングの技術を使うことで、プラスの経験にすることもできるのです。 そのための条件は2つあります。 適切 …

no image

職場で嫌がらせを受けるのは、嫉妬が原因

  職場で嫌がらせを受ける原因で、 もっとも多いと思われるのは、嫉妬です。   嫉妬が原因のパワハラは悲惨です。 嫌味・悪口・陰口という形でされるので、 直接的な証拠が残りにくく、 …

no image

パワハラの対処に「どうすれば?」に迷っている人に知っておいてほしいこと。

パワハラにおいて「上司に相談したが何もしてくれなかった」は、日本全国で起きている現象ですが、上司に相談したからこそ社内窓口に相談しやすくなります。 できることを1つすることが、次にできることを増やして …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。