パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

会社を辞めたいと思ったついでに。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

40代、50代になっても同じ会社に居続ける理由
今や多くの人が経験する転職。特に若手の場合は入社後数年で退職するという例も少なくなくなった。一方、転……….≪続きを読む≫

最近、英語普及の活動を支援しています。

お寺の住職の方なのですが、

日本人が英語で会話できるようになったら、

死んでもいいとおっしゃるような、

ノットノーマルな方です。

コーチングをしていると、

こういう方と知り合いになる率が高くなります。

【理論編】

 私は、「会社辞めよう派」ではありません。

 辞めなくても大丈夫なら、辞めなくてもいいんです。

 

 辞めざるを得ない人は、

 早く辞めたほうがいい、と述べているだけです。

 

 記事の中にもありますが、

 ブラック企業は何年経っても、ブラック企業です。

 会社が変わることを期待しても、

 ほぼ裏切られます。

 

 ですから、ブラック企業に入った瞬間から、

 転職なり、独立のほうを考えたほうがいい。

 

 もちろん、最初は考えるだけでいいんです。

 

 転職、独立を考えたら、

 ついで、です。

 自分は本当は何をしたいのかを考えてみましょう。

 考えるだけなら、タダですし、危険もありません。

 いきなり行動を起こす必要はありません。

 まずは、本当に自分がしたいことを想像してみましょう。

 

 想像の中でもできないことを、

 実現するなんて不可能です。

 だから、まずは想像の中でだけでも、

 自分のしたいことをしてみましょう。

 
【実践編】

1 自分が本当にしたいことをしている様子を、イメージしてみましょう。

2 そのイメージ実現のために、できることを書き出してみましょう。
  特に、今まで思いつかなかった行動プランがあるなら、必ず書き留めておきましょう。

3 許容損失の範囲内で、全部同時実行しましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けているときに、自己肯定感、自己効力感を保つ方法

パワハラを受けると、誰でも自己肯定感や自己効力感が下がります。 自分の人格・性格、能力に対して自信を持てなくなるのです。 自己肯定感・自己効力感が下がれば下がるほど、パワハラ解決に向けた行動が難しくな …

no image

パワハラを受けた怒りを、無理に忘れる必要はない

不自然に怒りを抑圧する必要もないし、不自然に忘れようとする必要もありません。 ゴールを見据えて、そこに動き続けることで、自然と忘れます。 私達の脳は手抜きをしたがるので、重要でないことまで覚えていては …

no image

パワハラ被害者が副業に取り組むなら、記事作成代行やリライトは避けるべき。

クラウドワークスなどでの副業だけで十分な収益を得るより、独立起業に向けたブログを始めたほうが絶対に楽です。 文章作成のスキルを上げるために取り組むのはよいですが、それ以外はとても非効率的です。 — 三 …

no image

パワハラ被害者が、冷静になるための危機心理学

パワハラを受けていると、身動きが取れなくなってきます。 解決策が認識できなくなってくるのです。 Korf-Adri via Compfight 【1】感情優位状態では、解決策が見えない パワハラ行為を …

no image

パワハラに負けない心を作るために、法律知識を身に付けておく。

パワハラに心が折れそうなときこそ、被害メモや録音・録画などの証拠集めをしましょう。 ただ我慢し続けるだけでは、自己肯定感を保つことはできません。 証拠を集めている行為が、あなたの心を支えてくれます。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。