パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

会社を辞めたいと思ったついでに。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

40代、50代になっても同じ会社に居続ける理由
今や多くの人が経験する転職。特に若手の場合は入社後数年で退職するという例も少なくなくなった。一方、転……….≪続きを読む≫

最近、英語普及の活動を支援しています。

お寺の住職の方なのですが、

日本人が英語で会話できるようになったら、

死んでもいいとおっしゃるような、

ノットノーマルな方です。

コーチングをしていると、

こういう方と知り合いになる率が高くなります。

【理論編】

 私は、「会社辞めよう派」ではありません。

 辞めなくても大丈夫なら、辞めなくてもいいんです。

 

 辞めざるを得ない人は、

 早く辞めたほうがいい、と述べているだけです。

 

 記事の中にもありますが、

 ブラック企業は何年経っても、ブラック企業です。

 会社が変わることを期待しても、

 ほぼ裏切られます。

 

 ですから、ブラック企業に入った瞬間から、

 転職なり、独立のほうを考えたほうがいい。

 

 もちろん、最初は考えるだけでいいんです。

 

 転職、独立を考えたら、

 ついで、です。

 自分は本当は何をしたいのかを考えてみましょう。

 考えるだけなら、タダですし、危険もありません。

 いきなり行動を起こす必要はありません。

 まずは、本当に自分がしたいことを想像してみましょう。

 

 想像の中でもできないことを、

 実現するなんて不可能です。

 だから、まずは想像の中でだけでも、

 自分のしたいことをしてみましょう。

 
【実践編】

1 自分が本当にしたいことをしている様子を、イメージしてみましょう。

2 そのイメージ実現のために、できることを書き出してみましょう。
  特に、今まで思いつかなかった行動プランがあるなら、必ず書き留めておきましょう。

3 許容損失の範囲内で、全部同時実行しましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けて、自分に存在価値がないと思ってしまったら

パワハラを受けると、自分には存在価値がないのではと、 思ってしまいがちになります。 そんなときは、どうすればよいのでしょうか?   【1】休暇を取ることを最優先 自分には存在価値がないと思い …

no image

職場での陰口への対処法

職場における陰口も、 場合によっては、パワハラに当たるものです。   厚生労働省が定義するパワハラでは、 「職場内の優位性」が、条件の1つとなります。   しかし、この「職場内の優 …

no image

『パワハラに遭っていて行動できない人のためのセルフコーチング』

電子書籍を出版しました。 『パワハラに遭っていて行動できない人のためのセルフコーチング』というタイトルです。 https://amzn.to/2utgxT9 パワハラ被害者に、カウンセリングは必要です …

no image

パワハラ会社から独立・起業するために、ツイッターでテストマーケティングをする。

パワハラ会社から独立・起業することを考えたとき、大切なものをスピードです。 いかに短期間で、商品・サービスを作り上げるかが、あなたの心身の状態に直結します。   スピードを速めるために役立つ …

no image

パワハラ相談をするときは、伝えたいことを文書にしておくことが大切。

パワハラについて、パワハラ担当者に相談するときは文書で相談するようにしてください。 被害に遭っているときは、どうしても感情が高ぶってしまいます。 ですから、伝えたいことは書き出しておいて文書で伝えまし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。