パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える

【まとめ】やっぱり契約関係に過ぎない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

 コミュニケーションの目的は「共有リアリティの構築」です。
 誰もが独自の「現実」を持っています。
 同じ空間にいたとしても、認識しているものは違います。
 各自にとって違う現実を、共有することがコミュニケーションの目的です。
 
 職場いじめ・パワハラ・モラハラという言葉は、
 近年になって、やっと生まれた言葉です。
 それまでは、それは普通にあることであって、
 
 問題視するようなことではありませんでした。
 
 己の欲せざるところ、人に施すことなかれ。
 職場いじめ・パワハラ・モラハラは、人間の基本原理に立ち返れば、
 
 当たり前すぎることです。
 
 しかし、人間の性質として、内側のルールが優先されるというものがあります。
 世界のルールよりも、日本のルールが、日本のルールよりも職場のルールが、
 優先されてしまうのです。
 
「上下関係」という共有リアリティに基づくルールが優先されて、

 我慢するべきものだと、思い込まされてきていました。
 もちろん、そう思い込まなければ、心が耐えられなかったのかもしれません。
 しかし、私たちは、労働契約というのは、契約にすぎないことに気づきました。
 そして、上司部下の関係は、
 労働契約を通した間接的な上下関係にすぎないことにも、気づきました。
 上司が持つパワーの根源は、あなただということです。

 ですから、上司は恐れるべき存在ではありません。
 
 事実、あなたが転職・独立してしまえば、
 雇い主であろうと、上司であろうと、一般人の一人にすぎません。
 あなたが対処すべきなのは、どうやって継続的な収入を得るか、です。
 
 もし、他に継続的な収入があってもそこで働きたいのなら、
 もちろんそこで働けばよいのです。

 そうでないのなら、他の方法を探しましょう。

-トラウマを克服して、強みに変える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラはやっぱり許せない。

 EXILEの所属事務所のパワハラ騒動が、    ニュースで取り上げられていました。    http://asajo.jp/excerpt/14214   《しかし、報道があってか …

no image

必ずうまくいく方法なんてない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】  コーチングをするときも、  私は、さまざまなテクニックを重ねます。  細かいテクニックを積み重ねるからこそ、  一定の結果が出るのです。    法律関係のクライアント支援のときも一緒です …

no image

羞恥心は要らない。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

いい歳して恥ずかしい行為ランキング!世代を超えたガチ一位は?©iStock.com/CREATISTA その年齢にふさわしくない・恥ずかしい行為に対して使われ……… …

no image

指揮命令は、法律の範囲内のみ有効【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 労働契約では、雇用主が被用者に対して、  指揮命令権を持ちます。  これが請負や委任契約との違いを生み出す、  労働契約の特徴です。  言い換えれば、請負人や委任を受けた人は、  原則としては、指揮 …

no image

コーチングが、あなたをパワハラから救い出す。

 パワハラ・職場いじめの被害者に、    コーチングは必須だと、    私は考えています。        なぜなら、    カウンセリングだけでは、 &nbsp …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。