パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

部下を無能だという上司こそ、無能【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:

【理論編】

パワハラ被害者は、

有能な人が多いと言われているのは、

ご存知ですか?

私の知っているだけでも、

次期社長と周りから言われたために、

パワハラで退職した人が2人います。

つまりは、自分の地位が脅かされることへの恐怖が、

上司という小さな権力を、

暴力的につかう理由になっているわけです。

パワハラを受けた人は、

必ず最後には「無能」のレッテルを貼られることになるのですが、

それは当たり前です。

おそらくですが、

イチローを育て上げられる人は、

世界に100人もいないでしょうが、

イチローを無能にできる人は、

何億人レベルでいると思います。

毎日、毎日、「お前は下手だ」と言い続ければいい。

人を無能にするのは、簡単なことです。

でも、それは背任行為ですよね。

会社の目的の1つは利益を上げることで、

そのために人を有能に育てようとしているわけです。

人を無能にするというのは、

明らかな背任行為だということを、

明確に覚えておくべきです。

「人を育てるのが上司の仕事だろうが!」を、

法律的に言えば、こうなります。

反対から言えば、

部下を無能評価する上司こそ、無能。

こういう人こそ早く社会から退場させるべき人です。

あなたは、自分を高く評価し続ければいい。

自分を無能だと思い込まないでください。

他者評価はどうしようもないですが、

自己評価だけは、高く保ってくださいね。

【実践編】

1 上司の部下に対する責任について考えてみましょう。

2 上司は、その責任を果たしているかどうかを考えましょう。

3 責任を果たしているなら、しっかりとその話を聞きましょう。
  責任を果たしていないから、聴く価値がゼロなので無視。

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

他者評価ではなく、自己評価を上げ続ける。【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】  他者評価を上げようとすると、  自己評価は下がります。  上に媚びようとしている姿を、  好む人はいません。   一方で、  自己評価を上げると、  他者評価も上がります。  オードリー …

no image

「耐える」以外の選択肢はある!

 パワハラ・職場いじめを受けていて、    その状況に慣れてしまうと、   「耐える」という選択肢を選びがちになります。        この状態を、心理学では …

no image

ポジティブ思考の罠

 私はポジティブ思考肯定派ですが、    ポジティブ思考には、大きな罠があります。          それは、「置かれた場所で咲きなさい」になってしまうことです …

no image

自分も変わってきた金城さん

 沖縄でコーチをされている    金城将士(きんじょうまさし)さんに、    インタビューしました。        インタビューを申し込んだのは、    6月29日(木) …

no image

会社を辞めたいときは、どうすればよいか。【退職できないジレンマを解消する。】

会社を辞めたいとき、 最初に考えるのは転職でしょう。 ただ、年齢的に会社を辞めるのが難しいとなると、 多くの人は、「耐える」という選択肢を選びます。 でも、本当に耐える必要があるのでしょうか。 多くの …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。