パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

辞めるのは逃げではない。

投稿日:

 パワハラなどを受けて退職を考えたときに、

 

 一般的には「逃げではないか」という思いが出るはずです。

 

 

 

 しかし、退職できない一番の理由は、

 

 経済的理由です。

 

 

 

 自分が、経済的に退職することに全く問題がない、

 

 つまり「辞めても私は何も困らない」という状況にあるとして、

 

 それでも退職するかどうかで悩むでしょうか。

 

 パワハラを受け、それを克服することを目指すかどうか、ということです。

 

 

 

 金銭的な余裕があるなら、

 

 私ならすぐに辞めます。

 

 そして、自分をもっと活かせる場所を探します。

 

 

 

 ここは私には合わなかったと判断するだけで、

 

 逃げとは捉えないでしょう。

 

 

 

 もし「逃げ」があるとしたら、

 

 自分のやりたいことがあって、

 

 そこに向かう途中に出てきた障害を、

 

 見ないふりをすることだと思います。

 

 

 

 言い換えれば、

 

 どうしてもこの会社で働き続けたい、

 

 という思いがないなら、

 

 退職することが逃げになることはありません。

 

 

 

 もしくは、もっともっと心を強くしたいという思いがないなら、

 

 同様に、「逃げ」とはなりません。

 

 

 

 会社を辞めたいと思っていたり、

 

 心を強くしたいと思っているなら、

 

 そのための努力をしましょう。

 

 もし、「逃げ」という言葉を使うなら、

 

 その努力をしないことが「逃げ」に当たるかもしれません。

 

 

 

 いつでも会社を辞められると思える、

 

 自分は心が強くなったと思える、

 

 そうなれば、自分の意見もしっかりと言えるでしょう。

 

 自分と同じように困っている周囲の人々のためにも、

 

 動くことができます。

 

 自分が、正しいと思っていることができるようになります。

 

 

 

 それは同時に、

 

 自分に対する自信のなさや、

 

 将来にたいする不安を、

 

 なくしてくれるものです。

 

 

 

 もちろん、

 

 その状態に至るためには、

 

 まず定期収入を得る方法を見つける必要があります。

 

 また、定期収入を得る方法が見つけるまでに、

 

 心と身体がもつかどうかもわかりません。

 

 さまざまな障害が横たわっています。

 

 

 

 しかし、そのための方法論はすでにあります。

 

 どのようにすればよいのか、興味がある方は、

 

 ぜひ一度、下の画像をクリックしてみてください。

 

 

 

 そのための方法論が、順序をおってわかりやすく書かれています。

 

  

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

会社を辞めたくて、無意識に人間関係を悪くすることもある。

最初は人間関係がよかった。なのに今は最悪・・・と、 お悩みかもしれません。     そのような場合には、 もしかしたら、本音の部分で、 会社を辞めたいのではないかと、 一度疑ってみ …

no image

本気でやりたいことを考えてみる。【退職できないジレンマを解消する。】

 さすがに、    スノータイヤを変えなくてはならないなと、    思っています。    したくないことは、    ギリギリまでしないことを、    TOCでは …

no image

パワハラ加害者の「常識だ」という主張には、「たしかに・・・しかし」で対応できる。

パワハラ加害者は、「常識」という言葉で、あなたを追い詰めます。 「常識がない。」、「こんな常識的なことも知らないのか。」、「有給を全部使うなんで、非常識だ」などです。 この常識という言葉は、とても都合 …

no image

「仕事は楽しむもの」という考えは危険【退職できないジレンマを解消する。】

 仕事が楽しくないと言うと、 「仕事は楽しむものだよ」という人がいます。    これが全面的に間違っているとは思いませんが、  7割は間違っていると思っています。    なぜ、楽しくないものを、  無 …

no image

退職準備が、心を支える。

   いつでも会社を辞められる。    この感覚こそが、    会社に縛られないために必要なものです。        いつでも会社を辞める準備はできているので、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。