パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

パワハラ・カウンセリングの限界【退職できないジレンマを解消する】

投稿日:

 私は、医療法人で理事をしていたとき、
 職場いじめ被害を受けている方の
 カウンセリングもしていました。

 カウンセラーとして仕事をしていたわけではなく、
 ただ一個人として、カウンセリングをしていました。

 毎日1時間以上、勤務時間終了後に、
 カウンセリングスキルを使いながら、
 話を聞くのです。

 それを半年ほど続け、
 かつ、上司にも働きかけましたが、
 状況は改善しませんでした。

 カウンセリングは必要です。
 しかし、それは十分ではありません。

 カウンセリングを受ければ、
 長く持つようにはなるでしょう。
 しかし、状況の改善にはつながりません。

 なぜかといえば、
 本来、カウンセリングが必要なのは、
 相手方だからです。
 
 コミュニケーションはたしかに、
 相互作用はするものですが、
 相手方の認知的ゆがみが強すぎる場合は、
 その改善にはかなりの期間を要します。

 その間、トゲを抜き、心の回復を試みるカウンセリングでは、
 耐えきれないというのが、正直なところです。

 自分の思考の癖を直すぐらいでは、
 状況は変えられない、ということです。

 状況を変えるための思考法を身に付ける必要があります。
 
 そのため手段の1つがセルフトークのコントロール。
 
 状況を改善したいと思っている方は、
 ぜひ身に付けてほしい技術です。

 それについては、
 こちらの記事で詳しく書いてありますので、
 よろしければご覧ください。

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者の「常識だ」という主張には、「たしかに・・・しかし」で対応できる。

パワハラ加害者は、「常識」という言葉で、あなたを追い詰めます。 「常識がない。」、「こんな常識的なことも知らないのか。」、「有給を全部使うなんで、非常識だ」などです。 この常識という言葉は、とても都合 …

仕事が続かないのはメンタルが弱いからではない。

「メンタルが弱いから、仕事が続かない」というご相談を、 受けることがあります。 でも、本当にそうでしょうか。 仮にメンタルが弱いことと、仕事が続かないことは因果関係があるでしょうか?   【 …

no image

日記はパワハラの証拠となりうるのか?

日記は証拠となりうるのか? これはパワハラ被害者なら、一度は考えることでしょう。   【1】日記は証拠となります。 民事裁判においては、証拠の種類は特に限定はされていません。 「これは証拠に …

no image

パワハラの証拠がないときは、どうすればよいのか?

パワハラの証拠がないときはどうすればよいのでしょうか? 証拠作成の専門法律職である行政書士が、解説します。   【1】証拠は絶対に必要 パワハラ問題解決には、絶対に証拠が必要です。 なぜなら …

no image

普通以上のコミュニケーション手法【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】  今回は、コミュニケーション手法について書きます。   私は、基本的にはコミュニケーションの改善では、  職場環境は改善しないと考えています。    私の知っている組織に、言葉はとっても丁 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。