パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

法律関連 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

会社と戦うには証拠が必要【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:2016年3月25日 更新日:

パワハラと戦う選択肢を選んだ場合、

何よりもすべきは、証拠集めです。

個人が会社と戦う場合は、

何よりも味方につけるべき存在、

それが国家権力です。

国家権力のうち、行政と司法は、

あなたが動くことによって味方になってくれます。

しかし、行政・司法は、証拠主義。

動くのに足りる証拠がなければ、当然に動きません。

そこで、行政・司法が動くに足りる証拠を集める必要があります。

では、どうやったら行政・司法が動く証拠が集まるのか。

それは、行政・司法に尋ねればよいのです。

パワハラ・職場いじめで困っているなら、

まずは、大まかな事実をすべて文書にして、

労働基準監督署に行ってみる。

そして、「どんな証拠があれば、動いてくれるのか」を尋ねてみます。

そうすれば、どんな証拠が必要なのかを教えてくれます。

私は会社と戦うことは、それほど有意義だとは考えていません。

しかし、どうしても戦いたいと思うなら、証拠集めは必須です。

より細かい証拠集めの方法などを知りたい方は、

下記のメールマガジンにご登録ください。

労働に関する法律の基礎から、法律の使い方について、

わかりやすく書いているファイルをダウンロードできます。

メール発行スタンドの都合により、氏名の記入が求められますが、
「匿名 希望」または「Masahiro Mikuni」のような記入でも結構です。
もちろん、偽名でも大丈夫です。

-法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けている現状に、自己評価を合わせることは不要!

パワハラを受けると、 「自分が悪いのではないか?」、「自分の性格が悪いのではないか」と、 おもいがちです。 しかし、そのように考える必要は全くありません。 むしろ、現状にセルフイメージを合わせてはいけ …

no image

パワハラと戦う勇気は、パワハラと一緒に戦う仲間から生まれる。

パワハラ被害者に勇気を持ってほしいとは、ずっと思っています。しかし、どうやったら勇気を持てるのかを考えて続けていて、今日、やっと結論が見つかった気がします。仲間を持つことです。つまり、勇気を持つという …

no image

解決策を1つずつ検証してはいけない。

【1】回復するのにエネルギーが消費         パワハラや、    職場で嫌がらせを受けていると、    どんどん行動力が奪われていきます。   …

no image

動き続けなければ、現状から抜け出すことはできない。

動き続けなければ、現状を変えることはできません。   パワハラから抜け出すときも同じです。 常に動き続けることです。 そして、大切なことは、常に新しいことを 取り入れていくことです。 &nb …

no image

パワハラ加害者を、許さなくていい。

パワハラを受ければ、怒りを持つのが普通です。 心優しいあなたは、加害者さえも許そうとしているかもしれません。 怒りを持ち続けるのは身体にも良くないのは確かなので、自分のために許そうとしているかもしれま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。