パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

段階に応じて、必要な援助は変わる。【職場いじめ・パワハラを克服する。】

投稿日:

 一言にパワハラ上司・職場いじめからの脱出と言っても、

 

 段階に応じて必要な援助は変わります。

 

 

 

 まず最初に必要となるのは、

 

 心理面でのサポートです。

 

 

 

 毎日小言を言われたり、

 

 いつ怒鳴られるかを気にしていたら、

 

 精神が落ち着きません。

 

 

 

 長期的に物事を考えることもできなくなり、

 

 その場その場の応急処置的な対応ばかりを

 

 繰り返しがちになります。

 

 

 

 ですから、最初は理性優位状態にするための、

 

 心理サポートが必要となります。

 

 

 

 しかし、それだけでは足りません。

 

 精神が安定したとしても、

 

 それだけでパワハラ上司が変わってくれるわけではなく、

 

 職場いじめがなくなるわけでもないのです。

 

 

 

 ですから、その現状を打破するための支援が必要となります。

 

 たとえばそれは起業であったり、

 

 職場環境改善であったり、

 

 パワハラ上司の更迭を目指したりするかもしれません。

 

 人によって目標はさまざまです。

 

 

 

 ですから、この目標を明確にする支援が必要となるのです。

 

 

 

 目標が明確になったら、次にやっとではどうするかが決まります。

 

 どうやったら目標が達成できるのかを考える段階です。

 

 いわゆる方法論を探す段階に入ります。

 

 

 

 このように、

 

 最初に精神安定のためのサポートが必要となり、

 

 次に、目標設定のサポートが必要となり、

 

 最後に、目標達成のための具体的な方法論を探すサポートが必要となります。

 

 

 

 カウンセリングだけでは足りず、

 

 コーチングだけでも足りない。

 

 法律知識があるだけでも足らず、

 

 経済面のサポートができれば、それで足りるわけでもない。

 

 

 

 心理・経済・法律の3側面からのサポートが

 

 パワハラ上司・職場いじめからの完全脱出には必要です。

 

 

 

 ですから、

 

 現在、パワハラ上司や職場いじめで悩んでいるときは、

 

 3側面の情報を、しっかりと集めるようになさってください。

 

 

 

 もし、3側面の情報をバランスよく集めたい方は、

 

 こちらをクリックして、メルマガを登録くださいね。

 

 関連動画はこちら

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラに遭って、学習性無力に陥ってしまったときの抜け出し方

パワハラ被害に遭い続けると、”何をしてもうまく行かない”という経験がたまっていきます。証拠を集め、味方を増やしても、何も状況が変わらない日々が繰り返されます。そうすると、もう解決に向けた行動を取ること …

no image

職場におけるモラル・ハラスメント(モラハラ)の概要と、対処法。

モラル・ハラスメントは直訳すると「精神的な嫌がらせ」ですが、その内実は「精神的な攻撃」または「精神的な虐待」です。 これは厚労省のパワハラ6類型の1つ「精神的な攻撃」にも該当します。 職場モラハラは1 …

no image

パワハラは「甘え」ではないので、「甘え」の問題としても解決はしない。

パワハラを「甘えだ」という人が少なからずいます。 しかし、組織の目的から考えたときにパワハラが肯定される理由がありません。 パワハラは職場全体の生産性を下げます。 「甘えだ」と被害者の個人問題にすり替 …

no image

パワハラをすると、指導力を高めることができなくなる。

指導力を高めたければ、恐怖による指導をしないと決めることです。 少なくとも、減らすと決めることです。 【1】恐怖による指導は誰でもできる 指導相手を脅したり、傷つけたりするのは、誰でもできます。指導に …

パワハラを行政に相談に行くときは、法律家といくと対応が変わる。

労基署や労働局に相談に行くとき、 法律家と一緒に行くことで、 対応が大きく変わることがあります。   【1】電話対応から推して知るべし 行政の担当者は、労働問題の専門家のはずです。 しかし、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。