パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラはやっぱり許せない。

投稿日:2016年7月27日 更新日:

 EXILEの所属事務所のパワハラ騒動が、

 

 ニュースで取り上げられていました。

 

 http://asajo.jp/excerpt/14214

 

《しかし、報道があってからファンの結束は強くなっているようで、「死ぬほど忙しいはずなのにイジメとかあるわけないと思う。酒の席の悪酔いレベルじゃないの?」「上下関係は当たり前だし、告発した人が社会をナメすぎ」「あの優しいHIROさんが社長なんだよ。いじめられた社員が根性ないだけでしょ!」など、報道などどこ吹く風だ。》(上記HPから引用)

 

 パワハラを受けた人しか、

 

 その辛さは分からないものなのでしょうか。

 

 

 

 暴言を吐かれ、

 

 無視され、

 

 孤立させられて、

 

 仕事も減っていき、

 

”自分の存在価値はここにない”と、感じることの辛さは、

 

 そのいう目に合わないと、

 

 分からないものなのでしょうか。

 

 

 

 なぜ会社内で根性が必要となるのでしょうか。

 

 根性を出せば、生産性が高まるとでも、

 

 この21世紀に、本気で思っているのでしょうか?

 

 

 

 1冊でもよいから心理学の本、読んでみろよ!

 

 

 

 酒の席なら、何をしてもよいんでしょうか?

 

 契約関係以上の上下関係なんて、本来あるべきなんでしょうか?

 

 

 

 民法、刑法、勉強してみろよ!

 

 

 

 もちろん、

 

「もし本当なら、ファンの一人としてすぐに改善してほしい。」と、

 

 思っている人、言っている人が圧倒的多数だとは思います。

 

 

 

 でも、

 

 こういう騒動を見るたびに、

 

 やっぱりパワハラは許せないなと思います。

 

 

 

 パワハラそのものも許せませんし、

 

 まだまだパワハラが重要性されていない社会に対しても、

 

 憤りを感じます。

 

 

 

 これをエネルギーに変えて、

 

 これからもあなたの役に立つ情報発信をしていきますので、

 

 これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 もしあなたが今現在、パワハラ、職場いじめ・嫌がらせで困っているなら、

 

 下の画像をクリックして、メルマガを読んでみてください。

 

 きっとお役にたつと思います。

 

 

 

 

 

 

-トラウマを克服して、強みに変える, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者の言葉は、事実ではなく、意見に過ぎない。

パワハラ加害者の言葉は、ただの「意見」です。「事実」ではありません。 事実は受け入れざるを得ませんが、意見を受け入れる必要はありません。 あなたにとって有益な意見なら受け入れたほうがよいでしょうね。で …

no image

パワハラについて、法務局にインターネットすることができる。

#Sarahah @sarahah_com パワハラは人権問題ですので、法務局の人権擁護委員に相談することができます。 法務省:インターネット人権相談受付窓口へようこそ! メールフォームを通して、イン …

no image

パワハラを受けた怒りを、無理に忘れる必要はない

不自然に怒りを抑圧する必要もないし、不自然に忘れようとする必要もありません。 ゴールを見据えて、そこに動き続けることで、自然と忘れます。 私達の脳は手抜きをしたがるので、重要でないことまで覚えていては …

no image

kindleで電子出版した書籍が「iphone、ipadなどのiOSで読めない」というクレームがあった場合の対処法

私は電子書籍をいくつか出版しています。その書籍に、今回、次のようなコメントが入りました。 《iPhoneやiPadを持っていて、それぞれのkindle版で見られると思い購入しました。 残念ながら私の持 …

no image

パワハラ被害者の転職・副業に役立つ「あなたの強み」の見つけ方

パワハラから脱出する方法として、転職や副業があります。 このいずれを選ぶときも、「自分だけが提供できる価値」を把握しておくことは、とても大切なことです。 まず、自分だけが提供できる価値を把握することで …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。