パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える

平成28年8月特例プログラムの開催

投稿日:

8月1日から、

 月間特別プログラムとして、

「メンタル・リラックスプログラム」

 を行います。

 今後、行うかどうかはわかりません。

 詳しい説明・お申し込みをご希望の方はこちら

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9342

【1】焦ると、背中に汗が・・・

 私は、どちらかと言うと、

 焦りやすいタイプだと思います。

 焦ると、

 身体が熱くなって、

 背中に汗がびっしょりです。

 手汗もすごい時があります。

 心の中で

「なんとかしなければ!」という思いが

 強くなって、

 視野も狭くなってしまいがちです。

【2】もともと早口なのに、さらにアップ

 昔はよく、

 人前で話すと

「何を言っているかわからない」と、

 言われました。

 これはいろんな要素がありますが、

 一番は焦って、

 早口になってしまっていたことでしょう。

 ただでさえ早口なのに、

 さらに早口になっていると、

 聞こえるわけがないですよね。

【3】リラックスしたい!

 中学生ぐらいから

 心理学を勉強しているのですが、

 その当時から、

 どうすればリラックスできるのかを、

 いろいろ試してきました。

 でも、リラックス法って、

 リラックスが必要なタイミングで、

 すぐにできるものって少ないんです。

 音楽を聴くのは、

 たしかにリラックスによいのはわかっていても、

 職場でいきなり音楽をかけるなんて、

 できませんよね。

 リラックスが必要なその場で、

 その瞬間にできる技術が、

 必要なんです。

【4/4】リラックスは技術として身につけられる

 パワハラを受けているときは、

 このリラックスの技術は、

 なお大切となります。

 あなたの心を守ること、

 そのものにつながるからです。

 そして、

 パニックになって、ミスが増え、

 さらに攻撃を受けるという、

 悪循環を止めることにもつながります。

 ですから、

 まずは、リラックスの技術を身に付けてください。

 平成28年8月のみに開催される

 今回のプログラムは、

 8月の1ヶ月間で、

 いつでも、どこでも、すぐに

 リラックスできるようになる技術を

 身に付けるものです。

 つまりは、

 いつもあなたらしくいられるようにするための

 プログラム。

 あなたの人生を

 大きく好転させるものだと

 確信しています。

 少しでも興味があれば、

 まずはご相談を。

 7月31日の申込みまで受け付けます。

 8月1日以降に申込みがあった場合は、

 途中からの参加となりますので、

 ご希望の方は早めにお申し込みください。

 詳しい説明・お申し込みをご希望の方はこちら

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9342

-トラウマを克服して、強みに変える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

トラウマが消える、新年の抱負【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

必ず実現できて充実した1年を過ごせる! 新年の目標の立て方2015年ももうすぐ終わり。新年を迎えたら1年の目標を考える人も多いだろうけれど、仕事に関してはこれ……… …

no image

できない理由が出てくるのは、よいこと。【トラウマを克服して、強みに変える】

恐怖や不安は、あなたが変化を始めた証拠。 あなたを、「これまでどおり」に戻そうとするためのサイレン。 変化を起こしたいなら、ここでアクセルを踏もう。 — 臆病者のための『挑戦する技術』 (@artof …

no image

叱る子育ては、危険。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

育児書の「叱らない子育て」をするのは実はキケン…!な理由 書店に行くと“叱らない子育て”“子どもを褒めて育てましょう”系の書籍がこれでもかというほどズラリと………. …

no image

おこちゃまの相手はしなくてもよい。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

ステキ先輩になるためには? 会社でなめられないために「気をつけるべきこと」10今年も1カ月が過ぎ、いよいよ仕事モード全開になってきたころでは? しかし職場では、自分勝手に努力して…&#82 …

no image

疑似災害の影響を最小にする方法

 私たちは、   ニュースなどを通して、    疑似災害を受けます。      そのため、   直接の被災者でなくても、   脳が緊急時のモード(「闘争・逃走モード」)に入ります。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。