パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラで取り組むべきは、経済問題

投稿日:2016年9月16日 更新日:

 

【1】経済問題を無視できない理由

パワハラ問題の根底にあるのは、経済問題です。

「いつ辞めても、私は困らない」という状況にある人は、

パワハラに耐えるという選択肢を選ぶことはありません。

 

職場環境の改善に動き出すか、

会社を辞めるかのどちらかを取ります。

 

【2】転職できるなら、転職活動を始めよう。

ですから、転職ができそうであるなら、

今すぐに転職活動を始めましょう。

 

経済問題を解決する方法の目星もつかない状態で、

パワハラに対抗するのは、事実上はかなり難しいからです。

 

もちろん、絶対に無理とは言いません。

小さな行動の積み重ねによって、

状況を変えていくことができることもあります。

 

【3】全部同時実行の原則

たとえば、上司に暴言を言われる場合で、

次のような行動を、

ずっと続けたらどうなるでしょうか?

 

・暴言を言われたら、

「そのようなことを言われると、やる気がなくなります。止めていただけますか?」と言う。

・暴言を言われたら、その場でメモを取る。

・暴言に備えて、ボイスレコーダーを長時間録音モードにして、身に付けておく。

・一緒にパワハラ相談に行く仲間を探す。

 

 

ここではたった4つですが、

これらの小さな行動であっても、

全部を同時に実行し、それを積み重ねていけば、

加害者側にとっては大きな恐怖となるのは、お分かりいただけると思います。

 

また、会社に対して無茶な要望を出しているわけでもないので、

比較的、あなたの行動も問題とはなりにくいです。

 

【4】メンタルシミュレーションから始める。

もちろん、実際に行動に移すには大きな勇気が必要です。

暴言に対して、言い返すことなんて、

最初は怖くてできないかもしれません。

ですから、まずは頭の中で練習をしてください。

 

上司から暴言を言われたときに、

冷静に落ち着いて指摘している自分をイメージする。

 

そのイメージを、3週間ぐらいつづけてみて下さい。

自然と、できるようになってきます。

 

実行できないなら、

まずは頭の中でリハーサルをするんです。

 

あなたが取りたい行動があるなら、

まずは頭の中で実行するようにしてください。

何度も何度も繰り返していると、

本当に実行できるようになります。

 

できることをやりましょう。

その最初の一歩として、メンタルシミュレーションをしてみてください。

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者に対して、恐怖を与えて加害行為をストップさせる

『アカギ-闇に降り立った天才』から学べることは、本当に多いです。 今、鷲尾麻雀という有名なものを読んでいますが、敵が圧倒的に優位であるとき、どうすればその敵に恐怖を与えられるかの教科書のようなものです …

no image

「職場を変えても同じことが起こる」はウソだ。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】 「あなたが変わらないと、  職場を変えても同じことが起きる」という人がいます。    私も実際に、そういうことを言っている人を、  何度も見ているのですが、「どこかで聞いたふうなことを言っ …

no image

日々パワハラを受けているときは、休暇は意図的にリラックスをすることが解決策につながる。

休日はゆっくりと休みましょう。 リラックスすることで、解決策が思いつくことがあります。 何もせずにぼぉ〜っとすることも、脳のデフォルト・モード・ネットワークを働かせることに役立ちます。 身体の力を抜い …

no image

心理的な壁を乗り越えるサポートを、意識しておく。

クライアントとのミーティングをしていました。 まだ、喉の調子がイマイチなのですが、 なんとか乗り切ることができました。   クライアントは、すでに職場を辞めて独立されています。 高い志を持っ …

no image

自己卑下しても、攻撃はなくならない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】 「自分が悪い」と思うことは、 「自分はまったく悪くない」と思うよりは、  美しいとは思います。    しかし、現実的に、  自己卑下しても、他人からの攻撃はなくなりません。    精神的に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。