パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法 読んでほしい本

パワハラ被害者にお勧めの本 『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』

投稿日:2016年12月2日 更新日:

読書家の方には、

今更の感があるのですが、

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

を読みました。

 

パワハラ被害を受けている方には、

ものすごくお勧めです。

 

【1】この本をおすすめする理由

まずは、なぜこの本をお勧めするのか、その理由をお伝えします。

  • GIVER(他者利益を優先する人、与える人)が成功するための必要条件が分かる。
  • TAKER(自己利益を優先する人、取る人)から、「与える人」が自分を守るための方法が書かれている。
  • 単なる著者の主観ではなくて、科学実験に基づいた主張である。

 

パワハラを受ける人は、

他者利益を優先する人、

惜しみなく与える人である、

GIVERが多いです。

 

少なくとも、

自分の利益だけを考えて

行動することに、

良心の呵責を感じる人が多い。

 

 

 

この本は、そのようなGIVERこそが、

成功できるのだと書かれています。

 

ただし、それには必要条件があります。

それは、自己利益にも関心を持つこと。

 

 

【2】自己犠牲型のGIVERは、成功しにくい

きっとあなたは痛感していらっしゃるとは思いますが、

自己犠牲型のGIVERは、やはり成功しにくいようです。

 

しかし、他者利益だけでなくて、自己利益にも関心が高いと、

GIVERは成功できると書かれています。

 

これは別の言い方をすれば、

WIN-WINを意識しようということ。

 

人に惜しみなく与えつつ、

それを自分の利益にも繋がる方法を探す。

それこそが、GIVERの成功の道だということです。

 

おそらく、「成功」というものに興味はないでしょうが、

少なくとも、利用され続ける人生からは脱却できるはずです。

 

【3】TAKERから身を守る具体的な方法

この本の中には、

TAKER(他人の利益よりも、自己利益を優先する人)から、

GIVERが自分を守るための具体的な方法も書かれています。

 

それは、「誰かの代理人になったつもりとなること」。

 

たとえば、あなたがパワハラについて、

会社の上司に相談したいけれどできずにいるとします。

それなら、家族の代理人として、

あなたの家族のために相談するのだと

思うようにすることです。

 

あなたは、家族のために、

家族の代理人として、

あなた自身のパワハラ問題について、相談をするのです。

 

GIVERは、

人に与えることや貢献感が喜びとなる人です。

ですから、「人のため」とすることが大切なのでしょうね。

 

【4】あなたはGIVERでいい。

この本は、

「あなたは、GIVERのままでいい」と、

科学的な根拠をもとに言ってくれています。

 

もちろん、相手の利益だけでなく、

自分の利益にも関心を寄せる必要があります。

ただ、直接的に自分の利益をかんがえるのが嫌なら、

家族なり、あなたの利害関係者のためだと思うようにすればいい。

 

あなたがパワハラを受け続けることで、

家族に心配をかけ続ける時間は長くなりますし、

会社としてもパワハラがなくならず、緊張感が続くことになります。

 

実際、そのような悪影響が、あなたの利害関係者に及ぶのです。

あなたは、事実上、その人たちの利益を担う代理人なのです。

 

あなたは、GIVERとして、い続ければよいのです。

ただし、あなたの利害関係者にも利益を与えられるようにする。

それを意識すればいいだけです。

 

ですから、あなたはこれからは、

あなたの利害関係者についても、意識を持つようにしてください。

そうすればあなたは、あなたの利害関係者のために、

「パワハラを耐える」ということから逃れて、

行動を起こすことができるようになるはずです。

 

〈追伸〉

もし今回の話がお役に立ちましたら、

ぜひこちらのメルマガもご登録ください。

きっとあなたのお役に立ちますし、励みにもなります。

 

-「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法, 読んでほしい本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「置かれた場所で咲きなさい」は、パワハラ被害者には絶対に当てはまらない。

もし今日が休日なら、ぜひこの本を読んでみてほしいです。 環境の大切さを改めて感じるはずです。 劣悪な環境に、いてはいけない! “残酷すぎる成功法則”(エリック・バーカー, 橘玲 …

no image

「いい人」が潰される社会で、「いい人」が生き抜く方法

『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 』は、   性格のよい人が、生き抜くための本です。   もしあなたが、過去の職場でとてもうまく行っていたのに、 もし …

no image

好きなことをすることを、コーチが勧める心理学的理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 この本には、ポジティブ感情についての仮説が紹介されています。 それは、「拡張-形成仮説」です。 ネガティブ感情は、特定の行動性向を生じさせます。 …

no image

「自己中心的な性格を直したい」と思っている、パワハラ被害者のための「セルフイメージ」の原理

「自己中心的な性格を直したい」、「わがままな自分がイヤだ」とおっしゃる方がいます。 しかし、そのように悩まれる方は大丈夫です。 本当に自己中心的な人は、そもそも自分が自己中心的だとは思っていません。 …

no image

「いい人」をやめるのは、誰が得をするのか。

もしあなたが「いい人」でいるせいで、 会社でパワハラを受けたり、損な役回りをしていて、 「『いい人』なんてやめたい」と思っているなら、 ぜひ一度、考えてみてください。   あなたが「いい人」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。