パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

誰かのために時間を使うことで、自信を取り戻すことができる。

投稿日:2017年1月31日 更新日:

「時間の飢餓状態」から抜け出すための、

1つの有効な方法が

「他人のために時間を使うこと」だそうです。

 

他人のために時間を使えば、自分の自由時間が減ります。

ですから、直観的には、

さらに時間の飢餓状態は強まりそうです。

 

しかし、そうとはならないそうです。

むしろ、他人のために時間を使った方が、

時間的な余裕を感じるようになる。

 

ここが人間の面白いところです。

時間に追われたくない? 他人のために時間を使おう
いつも時間に追われていると感じる人々に斬新な助言がある。時間の一部を他者のために振り向けることだ。

 

【1】「誰かのため」が自己効力感を高める

自分のために時間を使っても、

自己効力感は高まらない。

 

他人のために時間を使うことで、

自己効力感が高まり、

時間を有意義に使ったと思もえるようになる。

 

辛い状況から抜け出すときも、

同じ原理が利用できます。

 

誰かのために時間を使うことで、

自己効力感を取り戻すのです。

 

【2】結局は、自分のためでは?

もちろん、自分の自己個効力感を高めるために、

他人のために時間を使うとしたら、

結局は自分のためとなります。

 

そうなると、他人のためという言葉が、

空々しく感じるかもしれません。

 

しかし、冷静に考えましょう。

「誰かのため」と「自分のため」は、

両立しないものなのでしょうか?

 

誰かがあなたに挨拶をしてくれたとき、

それに返事をするのは、

あなたのためでもあり、相手のためでもありますね。

 

会社がサービスを提供するのは、

会社のためでもあり、顧客のためでもあります。

 

「○○のため」は、必ずしも対立するものではありません。

自分のためになることであっても、

相手のためを主目的としているなら、

それはそれでよいのです。

 

【3】「他人のため」とは言いにくい?

自分のためになることを、

「他人のため」とはいいにくいですよね。

 

それなら、外部的には「自分のため」と言えばいいのです。

他人のためになることをしているが、

それは自分のためだと言えばいい。

 

実際、それは自分のためにもなっているので

嘘にもなりません。

 

 

他人のために動くというのは、

現代社会では難しい行動の1つです。

なぜならすぐに、偽善だと言われるからです。

 

むしろ、自分のための行動のほうが許されやすい。

利己的行動のほうが、”それが人間だ”という了解を得やすく、

そのため批判も受けにくいのです。

 

【4】「自分のため」は批判される?

自分のためだと言えば、

批判はされにくいのですが、

もちろん批判されることもあります。

 

たとえば、ボランティアをしていることについて

自己のためにやっていますと公言すれば、

批判を受けることはあるでしょう。

 

ですから、かなり心配な人は、

これは自分のためでもあるし、

他人のためでもあると言えばいいのです。

 

こう言われると、ほとんど批判のしようがないのです。

事実は否定しようがないのです。

 

【5】動くのが怖い?

そうは言っても、誰かのために行動を起こすことは

簡単なことではないでしょう。

 

今までと違うことをするのは、

簡単なことではないからです。

 

 

変化を起こすのは、人間は怖いものです。

ですから、まずは小さな変化を起こしましょう。

 

今、あなたにできることから、始めてみるのです。

小さなことでいいのです。

 

誰かのためになる、

小さなことを、実行してみましょう。

 

【実践編】

1 誰かのためになることを、書き出しましょう。

2 書き出した内容を、全部実行しましょう。

3 また、書き出してみましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラに対して、組織は事実認定を重視しすぎている。

パワハラにおいて、組織が加害者にどのように対応するかが、とても大切です。 加害者への働きかけを放置するのは論外ですが、もっとも一般的な対応はこれです。 つまり、「あの人に何を言っても変わらない」と言っ …

no image

パワハラの証拠の現実的な集め方

あなたの望む「解決」がどのようなものであれ、「証拠」と「味方」が必要です。 加害者を異動させたい場合でも、ただパワハラ行為を止めさせたい場合でも、「証拠」と「味方」が必要となります。 このうち証拠の集 …

パワハラを行政に相談に行くときは、法律家といくと対応が変わる。

労基署や労働局に相談に行くとき、 法律家と一緒に行くことで、 対応が大きく変わることがあります。   【1】電話対応から推して知るべし 行政の担当者は、労働問題の専門家のはずです。 しかし、 …

no image

パワハラを放置する会社からは、今すぐ脱出しよう。

パワハラを受けて会社を辞めるのは、たしかに悔しい気持ちになるでしょう。 なぜ加害者が仕事を続けて、自分が辞めなければならないのかと、普通は思います。 しかし、そのような気持ちを持ちながら辞めて「辞めて …

no image

パワハラ加害者は、自己利益のみに関心がある。

パワハラ加害者にも、 もちろんさまざまなタイプがいます。   しかし、自己利益のみに関心が高く、 他者利益については関心が低いことは、 ほぼ間違いがありません。   【1】パワーを …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。