パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

二次被害に遭わずに、パワハラを相談する方法

投稿日:2017年2月24日 更新日:

パワハラ・職場モラハラの被害者が、

普通に相談をすると、

ほぼ間違いない「あなたにも責任がある」と言われます。

 

このように言われると、被害者は大きなショックを受けます。

「二次被害」と呼ばれるものです。

 

誰にも相談できない気持ちになり、

それがきっかけで、心が折れてしまうことも

残念ながら良くあることなのです。

 

では、どうすれば、

二次被害に遭わずに相談ができるのでしょうか?

 

【1】パワハラは理解されていない。

パワハラは、そもそも理解されていません。

殴ったり、蹴ったり、暴言を吐くなど、

分かりやすいものだけがパワハラだと思われています。

 

嫌味、悪口、陰口、無視などの間接的なものも、

パワハラだと分かっている人は、ほとんどいません。

 

そして、そのような小さな攻撃が積み重なって、

1つの大きな攻撃となっていることも、

一般の人はわかっていません。

 

パワハラの定義も、

パワハラの実態も、

パワハラが心身に与える影響の強さも、

何もわかっていないのです。

 

【2】先に伝えておくことが大切。

一般の方に、パワハラについて相談するときは、

先にあなたが不安に思うことを、伝えておくことが大切です。

 

たとえば、次のような言い方があります。

「今から言うことは、本当に些細なことで、

『そんなこと気にするな』って言いたくなると思うけれど、

これが毎日毎日繰り返されて、もう会社に行きたくないぐらいだから、

まずは話だけでも聞いてほしい」

 

あなたが何を不安に思い、

何に恐怖を感じていて、

だからこそ、相談相手に何を求めているのか、を

伝えるのです。

 

【3】別の人に相談しよう

もし、上記のように伝えても、

「あなたが悪い」と言ってくるなら、

別の人に相談しましょう。

 

「あなたが悪い」と言われた上で、

他の人に相談するのは怖いと思います。

ですが、パワハラを解決するには、

 

どうしても、あなたを支えてくれる仲間が必要です。

 

そのときは、

「以前、別の人に相談したのだけれど、

『あなたが悪い』と言われてショックだった。

あなたも、私が悪いと思うかもしれないけれど、

まずはただ、話を聞いてほしい」と、伝えましょう。

 

【4】パワハラに理解のある人に相談しよう。

パワハラ被害者の気持ちは、

やはり被害経験者でないと分からないと思います。

 

これはカウンセラー・コーチ・弁護士・社労士であっても同じで、

被害経験がない人は、どうしてもわからない部分があります。

 

ですから、話を聞いてほしいときは、

同じような被害に遭っている人にするとよいでしょう。

 

被害に遭ったことがない人に相談すると、

二次被害に遭う可能性が高くなりますから、

相談の仕方は注意しましょうね。

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

選手が、パワハラに勝った事例【なでしこリーグ岡山湯郷のパワハラ騒動】

なでしこリーグの4選手が、 監督と指導法についての対立があり、 退団を申し込みました。     そして、それを受けて、 監督が解任。   GMも責任を取って辞任するという …

no image

自己犠牲はゼロサムゲームの世界観が生み出す。

「いい人」は、自分を犠牲にして、 相手のゴール達成をサポートしようとします。   しかし、それは結局、ゼロサムゲームの中で生きていることになります。 誰かが得をしたら、誰かが損をするという世 …

no image

副業は「片手間でできる」ことが大切

会社を辞めたいけれど、転職も難しいときは、副業を考えておきましょう。 【1】副業は片手間にならざるを得ない 副業というのは、そもそもが本業がある前提のものです。そのため、それに時間も労力も大きく割くこ …

no image

パワハラで会社を辞めたいと思うのは、「甘え」なのか。

パワハラを受けて、 辞めたいと思うことは当然です。 そして、それは甘えではありません。   むしろ、「辞めたい」と思いながらも、 何も行動を起こさない方が、 現状に甘えているのではないのでし …

no image

パワハラ被害に遭っているときに、記録してほしい2つのこと

パワハラ被害に遭っている人には、ぜひツイッターで「自分がされていること」と、解決に向けて「自分がしていること」を、できるかぎりリアルタイムでツイートしていってほしいです。 これを続ければ、絶対に支援者 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。