パワハラ問題は、3つのステップで解決する。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】

パワハラ・職場いじめは、

よく「コミュニケーション能力が低いから、被害者になる」と、

思っている人がいるのですが、そんなことはありません。

パワハラ・職場いじめの被害者には、

職場で優秀とされ、尊敬され、慕われている人も多いのです。

ですから、コミュニケーション能力を高めて、

パワハラ・職場いじめを解決というのは、

私からすると、非現実的な解決策です。

放置してパワハラ等がなくなるならよいのですが、

悩みとして持つレベルのものは、放置しても回復するものではありません。

配置換えなどがないからこそ、悩むのです。

その状態において、パワハラ・職場いじめ問題の、

解決に取り掛かれる期限は、6ヶ月です。

過去の経験上、それ以上の期間は被害者の精神が持ちません。

たしかに、カウンセラーなどの助力があれば、

1年以上は持ちこたえられるかもしれません。

しかし、それは対処療法に過ぎないでしょう。

いつまで耐えられるか、という問題に変わっただけです。

被害を受ける期間が短ければ短いほど、

取りうる選択肢は増えます。

できるだけ早く、取り組むことが重要です。

このような状態になったときは、

私は、次の3つのステップが必須だと考えています。

1 メンタルコントロールの技術を身に付ける。

2 労働に関する基本的法律を身に付ける。

3 定期的収入を得る方法を作る。

メンタルコントロールの技術を身に付けるのは、

単純に自分を守るため、です。

傷つきにくく、回復しやすい、

しなやかな心の使い方を身に付けることで、

被害を少なくできます。

さらに、新しい行動を起こすのも簡単になります。

次に、労働に関する基本的法律を身に付けます。

なぜかと言えば、退職できないと思い込むことが多いからです。

たとえば、「後任がいないから退職させない」という上司がいたりして、

退職できないと思っている人がいるのです。

最後に、定期的収入を得る方法を見つけます。

転職でも起業でも、その人にとってよい方法ならなんでもよいです。

ただ、精神的に参っているときは、

視野も狭く、自信も持ちにくいので、

自分の持っている資源に気づけずにいることも多くあります。

ですから、やはり最初にメンタルコントロールの技術を、

身に付けておくのがよいでしょう。

逆に言えば、この3つのステップを経ることで、

ほぼすべてのパワハラ等は現実的に解決可能となります。

ご自身の状態と照らし合わせて、

自分に必要ものはどれかを、

一度確認してみると、

次に自分が取るべき行動がわかりやすくなると思います。

【実践編】

1 メンタルコントロール、法律知識、収入を得る方法の、どれが自分に不可欠化を考えてみて下さい。

2 その必要不可欠な知識の収集を始めましょう。

【追伸】

雪が降っています。

4歳の息子は、

「よかったねー。雪遊びできるなー。」と、

子供らしい発言をしてくれて、

朝からハッピーでした。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。