人間関係の土台となる技術【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

人に好かれる子、嫌われる子は、ココが違う!
親御さんが子育てをしていくなかで、勉強、しつけ以上に心配なのがわが子の人間関係では? なぜなら、社会……….≪続きを読む≫

【理論編】

 子は、親のように育ちます。
 
 心理学では観察学習というのですが、

 親の言動を、自然と学習します。

 

 そうなると、「親は子の手本であれ!」という、

 ありきたりな主張になるのですが、

 もっと具体的で、根本的なことを、書いておきます。

 

 それは、親が常にリラックスしていることです。

 

 リラックスは、人間関係の土台です。

 聞き上手の土台となるのもリラックスです。

 オドオド、ビクビク、イライラしている人で、聞き上手な人なんていません。

 人に優しくする土台となるのも、リラックスです。

 HITの法則、HALTの法則などいろいろな呼び名がありますが、

 緊張状態で、人に優しくできる人はいません。

 

 リラックスしていない状態、

 心理学では、「闘争・逃走反応」と呼ばれる状態では、

 視野が狭くなっており、社会的に適切な行動はとることができません。

 現代社会において、「戦うか、逃げるか」というのが必要となる環境は、

 ほとんどないですよね。

 

 反対に、リラックスしている状態は、「停止・計画モード」とも呼ばれ、

 視野が高くなり、社会的に適応することができるようになります。

 

 また、人は人とコミュニケーションをするとき、

 ほぼ必然的に、情動チューニングを行うので、

 あなたがリラックスした状態でいると、相手もリラックスしてくるのです。

 コミュニケーションを完全に予測することはできず、

 そのため、いつトラウマを踏まれるかどうかはわかりません。

 ただ、そのときこそ、リラックスを心がけることで、

 相手とのよい状態を保つことができるようになります。

 

 人間関係の土台となるのは、リラックスです。

 さまざまなテクニックの前提となるのは、これです。

【実践編】

1 「もしイライラしたら、○○する」という形式で、リラックスするための方法を考えましょう。
  これは、IF-THENプランニングと呼ばれる、実行計画の立てかたです。

2 リラックスするための方法が浮かばないときは、深呼吸を選びましょう。
  1分間に4~6回ほどの呼吸回数にすると、脳が「停止・計画モード」つまりリラックスした状態に入ることが、心理学的にわかっています。

【追伸】

 メンタルコントロールの技術については、

 下記のステップメールでより詳しくご説明しています。

 興味がある方は、ご登録ください。

 メール発行スタンドの都合により、氏名の記入が求められますが、

「匿名 希望」または「Masahiro Mikuni」のような記入でも結構です。

 もちろん、偽名でも大丈夫です。

【三國雅洋について】

 30歳で医療法人理事に就任。

 職場いじめ・パワハラが横行する職場であったため、

 25歳から行っていたカウンセリング・コーチング技術を使って、

 スタッフのメンタルケアを行う。

 勤務時間終了後、毎日2時間以上、話を聞く毎日が、

 6ヶ月続いたこともあった。

 トップに原因を伝え、改善を訴えるが、

 トップには解決する意思がなく対立。

 完全に対立してからは、

 トップからパワハラを受け続けることになり、

 理事を辞任。

 

 行政書士・プロフェッショナルコーチとして独立。

 コーチング発祥の時期からコーチングを学んでおり、

 10年間のコーチングセッション回数は2000回を軽く超える。

 コーチとしての三國が自慢に思っていることは、 

 セッションを受けたクライアントの半数以上が、

「私もコーチになりたい。」と言ってくれること。
 
 コーチングを受けてよかったと思ってくれていることが伝わってきて、

 涙が出てきそうになります。
 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。