根本問題を生じさせるジレンマを見つける。【人の役に立つためのマーケティング】

バリュー・プロポジションを発見し、

顧客の根本問題を発見したら、

その根本問題を解決する方法を探します。

もちろん、その方法は簡単ではありませんが、

不可能ではありません。

問題の定義の仕方はいくつかありますが、

ジレンマとして定義することもできます。

ジレンマというのは、「~したいのに、~できない。」という状態です。

たとえば、「職場を変えたいけれど、職場を変えられない」という状態があれば、

それはジレンマです。

このジレンマを解消することが、

問題を解決することになります。

そして、今取り扱っている問題は、根本問題ですから、

ジレンマを解消することは、根本問題の解決につながるのです。

そのジレンマを解消するためには、それぞれの行動の目的を考える必要があります。

職場を変える目的は、健康を維持することかもしれません。

職場を変えない目的は、収入を維持することかもしれません。

そうなると、理想としては健康を維持しながら、収入を維持することでしょう。

職場を変えずに、健康を維持するというのは、

おそらくコミュニケーション能力を上げて、パワハラなどをなくすということになるのかもしれません。

ただ、これは現実的にはかなり難しい。

もう1つの方法が、収入面で同じような場所へ転職することです。

しかし、日本においては転職すれば基本的には収入が下がります。

そうなると、副業や起業で、収入を維持するのが、目指すべき方向性としてはよいと思います。

もちろん、方向性としては理想的であっても、

それが実際に根本問題を解決するのか、

その他の問題を解決することにつながるのか、

実行することによって悪影響が生じる可能性があるのではないか、

そもそも実行不可能ではないか、

などの反論が十分に予想されるところです。

ですから、次はこのような反論に備えるべく、

解決策が実行されるとどうなるのかを、

シュミレーションすることになるのです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 社会貢献マーケティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。