リスクは取らなくていい。【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

 会社を辞めるというリスクを取るのは、

 大変なことです。

 思い切って退職する人は、

 もちろん、私は応援しています。

 

 しかし、だからといって、

 みんな、思い切ってジャンプしようよ!とは思いません。

 

 自分が取りうるリスクのみを、取ればいい。

 自分が許容できるリスクの範囲内で、

 できる限りのことをすればよいのです。

 

 取りうるリスクの中で、小さく賭けることは、

 カッコ悪いことでしょうか。

 カッコ悪いのは、人目を気にすることです。

 

 自分のゴールに着実に進むために、

 リスクに備えるのは、むしろカッコ良いことではないでしょうか。
 
 

 今、自分ができることを、全部やりましょう。

 できることをするのは、定義上、ゴールへの最短距離を進むことです。

 だって、できないことは、できないんですからね。

 

 自分が許容できるリスクの範囲内で、

 できることを全部、同時に、並列的に実行しましょう。

【実践編】

1 自分が本当は達成したいけれど、今は無理だと思っていることを書きましょう。

2 そのために、今の自分が実行できることを全部書き出しましょう。

3 実行リスクを考えて、できそうなことは全部実行しましょう。

関連記事 

「許容損失」という大切な概念については、こちら

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。