パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

会社を辞めても困らない状況を作る。【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:

【理論編】

 会社を辞められない理由は1つ、

 会社を辞めたら、「あなたが」困るからです。

 

「会社を辞めても、私は困らない」と思っている人は、
 
 すんなりと会社を辞めることができます。

 

 もちろん、辞めても自分は困らないという状況を作るのは、

 簡単ではありません。

 でも、決して不可能ではないんです。

 

 不可能だと思っているのは、

 ただ、リアリティを感じられないからにすぎません。
 
 

「会社を辞めたら、困るのは会社のほうだ。

 私は全然困らない。」という状況が、リアルに想像できないだけです。

 

 じゃあ、なぜリアルに想像できないかと言えば、

 そこに至るステップがわからないからですね。

 

 でも、実際は逆なんです。

 リアルに想像できないから、ステップがわからないんです。

 

 ある問題を解決しようとするときに、

 ほぼすべての人は、方法を探そうとします。

 しかし、脳の仕組みから言うとやるべきことは逆です。

 解決後はどうなっているべきかを考えるほうが、よい。

 

 解決後のあるべき姿をイメージすることによって、

 脳は、そのための必要な情報を集めだします。

 より正確に言えば、その情報をちゃんと受け止めるようになる。

 

 私は、Mr.Childrenが好きなので、勝手に情報が飛び込んできます。

 おそらく、あなたがミスチル好きなら、

 この部分も勝手に目に飛び込んできたはずです。

 あなたにとって重要な情報は、

 何もしなくても、勝手に飛び込んでくるわけです。

 

 逆に言えば、

 今、あなたが問題を解決できていないとしたら、

 あなたが認識できる範囲には、解決法はないということです。

 言い換えると、あなたがリアルに感じられないようなものこそが、

 あなたの問題を解決する方法に違いないのです。

 

 そのような方法を認識できるようにするために、

 まずは、自分が解決後にどうなっていたいのかを明確にするのです。

 

 そうすると、脳は、あなたのあるべき姿を実現するための方法を、

 勝手に探し始めてくれます。

 自分の好きな音楽を無意識に脳がキャッチするように、
 
 必要な情報を勝手にキャッチしてくれるようになります。

 

 これを「ゴールが先 方法は後」と言いますが、

 とても大切な原則ですので、

 ぜひ覚えておいてください。

【実践編】

1 退職後に何をしたいかを想像しましょう。

2 その想像を思う存分楽しんでください。

3 その後、新しい情報をキャッチしたらメモしましょう。
  想像に役立つ情報を、無意識がキャッチした可能性が高いからです。

4 1~3を繰り返しましょう。

関連記事
 
  あなたが会社を辞められない理由

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

心を守る技術を身につける。

 退職することを決めてから、    実際に退職をするまでが、    もっと辛い時期です。        転職先が見つかるまで、    引き継ぎをするま …

no image

パワハラを理由に、即日退職できるのか?:パワハラ解決コンサルタントが法的解説

行政書士・プロフェッショナルコーチの三國雅洋です。 今回は、法律編「パワハラにより、即日退職できるのか」について、解説したいと思います。 先に結論を書けば、「権利はないが、有給休暇を利用すれば即日退職 …

no image

パワハラを受けそうな予感があるときは、メモ帳を取り出そう。

パワハラに遭いそうな予感を感じたら、メモ帳の位置を確認しましょう。 そして、怒鳴られたり、嫌味を言われたり、無視されたり、悪口を言われたりしたら、その場でメモ帳を取り出してください。 書き込むかどうか …

no image

不安の解消を目指してはいけない!【退職できないジレンマを解消する。】

コーチング・セッションのクライアントから、 連絡をいただきました。 転職先が見つかったそうです。 自分の希望するところに行けたそうで、 私も嬉しいです。 【理論編】  不安の解消を目指すと、  対処療 …

no image

パワハラ加害者は、ほとんど罰を得ない【退職できないジレンマを解消する。】

  パワハラ・職場いじめで、  加害者が損をすることは、ほとんどありません。    学校でのいじめと同じで、  被害者が一方的に損をするのが、  今の社会です。    パワハラ被害者は、多くの場合、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。