役立つ計画を立てるコツ【人の役に立つためのマーケティング】

 久しぶりに商品設計の話です。

 これは、あなたがコーチとして活躍していただくために、

 どうやってサービスを作っていくか、という部分の話です。

 この話を最初から読みたい方は、こちらをクリックしてください。

 

 これまでに、

 顧客が抱える根本問題を特定し、
 
 そのための解決策の方向を考え、

 解決策が生み出す可能性がある副作用を考え、予防策を考えました。

 そして、その解決策を現実にするために、

 克服すべき障害をピックアップして、

 中間目標を設定しました。

 

 これにより、あなたは、
 
 顧客がまず最初に達成すべき中間目標を明らかにできました。

 言い換えると、「あなたが最初に行くべき場所はここです。」と、

 クライアントに伝えることができるようなったわけです。

 

 ここからが、やっと、今回の本題です。

 問題は、最初の中間地点まで、

 どうやってクライアントを導くか、です。

 

 もっと根本的なことを言えば、

 どうやったら、クライアントがその中間地点に行けると、

 信じてもらえるか、です。

 あなたのサービスを購入することで、

 クライアントが最初の中間地点まで行けることを、

 あなたは納得いただく必要があります。

  

 このために使うのが、TOC(制約理論)の移行ツリーです。

 移行ツリーでは、3つをセットに考えます。

 1 現状
 2 目的
 3 方法

 現状と目的を考えることで、方法が決まります。

 たとえば、今、あなたが、子供がいじめを受けて困っているお母さんに対して、

 カウンセリングをしているとします。

 そうしたときに、たとえば最初の中間目標が、

「教師を味方にする」だとしたら、

 そのための方法を示すわけです。

 これは、現状・目的・方法をセットに考えると、次のようになります。

 現状:子供がいじめにあっていて困っている
 目的:担任を味方にする。
 方法:被害事実の文章にして、証拠を添えて、
     ただ、我が子に注意していただけるように、教師にお願いにいく。

 この1セットの行動をとると、新しい現状が生まれます。

 たとえば、「担任が、いじめの状況を把握して、我が子の味方になる。」となるかもしれません。
 そうしたら、次の目的は「我が子が、安心して登校できる状況をつくる。」となるかもしれません。

 現状:担任が、いじめの状況を把握して、我が子に注意してくれる。
 目的:我が子が、安心して登校できる状況を作る。
 方法:1日に数回、加害者の前で、担任が我が子に、1回は声をかけてくれるようにする。

 こういう風に、現状・目的・方法を1セットにして考えて、

 ステップを示していきます。

 そうすることで、ステップを踏めば、確かに最終目標が達成できると、

 クライアントに信じていただくことができるようになるのです。

 

 もちろん、実際の計画プランはこれほど簡単には進まず、

 試行錯誤となります。

 ですが、現状・目的・方法を1セットで考えることが、
 
 そのプランのリアリティを上げることを、

 ご理解いただけたら嬉しいなと思います。
 
 

 なお、私のマーケティングについての、

 基本的な考え方はこちらに書かれています。

 もしよろしければご覧ください。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 社会貢献マーケティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。