普通以上のコミュニケーション手法【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

 今回は、コミュニケーション手法について書きます。
 

 私は、基本的にはコミュニケーションの改善では、

 職場環境は改善しないと考えています。

 

 私の知っている組織に、言葉はとっても丁寧なのに、

 とっても失礼な”組織”があります。

 

 結局は、言葉遣いの問題ではなくて、

 心理学でいうラポールが、いかに取れているかで、

 コミュニケーションの質は変わるのです。

 

 そして、そのラポールは、

 コミュニケーション手法だけで築けるものではありません。

 心理学では、相手に対する、心の傾注が必須だとされています。

 相手に対して心を注ぐ方法は、テクニックでは身につかないですよね。

 それを踏まえて、ですが、

 私はアサーションという手法が、とても有益だと思っています。

 アサーションというのは、

 自分も他人も大切にするコミュニケーション手法だと言われます。

 相手も心地よい、率直な伝え方、というものです。

 

 それについては、きっと他の方がたくさんブログで書かれていると思いますが、

 基本的な手法をお伝えすれば、「事実を述べること。」です。

 たとえば、クレームを言われているときに、

「その件についてなのですが、

 大変申し上げにくいのですが、

 現在まだ調査中です。

 大変申し訳ありませんが、

 調査が終わるまで、

 ご回答を差し控えさせていただきたいのですが、

 いかがでしょうか。」
 
 というような言い方です。

 申し上げにくいと思っていること、

 調査中であること、

 回答を差し控えたいと考えていること、

 これらは全部事実です。

 あなたが心の中で感じている事実を言葉にすれば、

 いわゆるIメッセージとなりますが、

 それは心を事実で述べた結果にすぎません。

 
 
 一方で、「あなたが○○だ」というのは意見であり、

 簡単に言えば思い込みです。

 事実ではなく意見をいうことが、

 コミュニケーションが悪くなる原因の1つです。

 

 もちろん、思っていることすべてを言葉にする必要はありません。

 そうではなくて、

 言葉にするときは、事実だけを述べるようにする、

 という考えを持つことが大切なことです。

 アサーションは学べば奥が深いですし、

 歴史的背景なども学ぶと、

 よりいっそう好きなること間違いなしです。

 ですから、興味がある人はぜひ学んでみて下さい。

 

 ただ、やはり限界があることも、

 どうか覚えておいてくださいね。

【実践編】

1 今日から1日、事実だけを述べるを意識してみてください。
  事実というのは、主観的な事実=思っていること、も含みます。

 

 コミュニケーションの手法も含めた、

 まとめ記事があります。

 もしよろしければ、こちらもクリックしてご覧ください。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。