順序は、カウンセリング・コーチング・ティーチング【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 我が子4歳が、

 今日で、今の保育園への登園が最後になります。

 次からは幼稚園に行くことになります。

 今のところ幼稚園を楽しみにしていますが、

 今の友達に会えなくなるとわかったとき、

 さみしい思いをするのだろうなと、

 申し訳ない気持ちも、なきにしもあらずです。
 

【理論編】

 私はプロ家庭教師もしていました。

 一応、信用していただくために書いておくと、

 17年の家庭教師歴で、志望校合格率は100%です。

 ですから、「人に教える」ということについては、

 理論も実践も重ねたと思っています。

 それを踏まえて、

 人に役立つ情報を届けるための基本原則は、

 カウンセリング、コーチング、ティーチングだと思っています。

 

 まずはカウンセリングによる、心身ともにリラックス状態になるよう支援する。

 次に、コーチングで、高い自己イメージを持つように支援する。

 その上で、ティーチング。伝えるべき情報を伝える。

 脳科学的にも、

 学習の一番の敵はストレスだとされています。

 

 逆にいえば、ストレス状態で、何かを学ぶのはとても難しい。

 ですから、パワハラ・職場いじめを受けたら、能率が下がるのが当然です。

 能率が下がると、また攻撃対象になりますから、悪循環です。

 そこから抜け出すには、

 まず心身をリラックス状態にする。

 そのつぎに、自己イメージを高める。

 その上で、状況打破のための情報を集める。

 
 
 情報収集については、このブログとメルマガで十分だと思いますので、

 もし興味があればお読みくださいね。

【実践編】

1 リラックスしているか確認しましょう。

2 自己肯定感が高いかどうか、自分は有能だという感覚があるかどうかを確認しましょう。

3 自分はどのような情報をもつべきかを書き出しましょう。

こういう話をもっと詳しく知りたい方は、こちらのメルマガ(『挑戦する技術』)にご登録ください。

もっと詳しく、お話ししています。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。