あるうつ病のクライアントの変化

最初に断わっておきますが、私達コーチは、クライアントの話を外部に漏らすことはありません。

これからお話しすることすべては、事前に公開することを了承いただいたものだけです。

しかし、それでは個人が特定されることもあるため、事実の中で、個人の特定に関係ありそうなものは、省略したり、一部を変更したりしています。

そのクライアントは、うつ病を患っていました。

私のところにくるクライアントには、よくあることです。

しかし、私の仕事は治療ではありません。

適切な心の使い方を、身に付けていただくことです。

《スポンサーリンク》

スポンサードサーチ

【1】職場いじめが原因でうつになった

職場いじめに遭い、うつ病になり、仕事を休職していたけれど、復職しなければならなくなった。

そこでうつ症状がひどくなった。

そうしたときに、私のサイトを観て、「この人と話をしたい」と思ってくだささったそうです。

それで、セッションをすることになったのですが、最初は、会社に行きたくない、でもお金や周囲のためにも行かざるを得ない、とおっしゃっていました。

「なんでもないときに涙が出てきてしまう」、「マズい状態だと思う」と、泣きながらおっしゃっていました。

【2】コーチとして観察するもの

ただ、私が注意していたのは、話の内容ではありません。

その人の本当に達成したいゴールは何か、とその人の現時点でのマインドの使い方です。

それを踏まえて、セッションを行った結果、たった3回のセッションで会社を辞めて、新しい仕事を始めるようになり、暴力的な恋人と別れ、嫌なことはしっかりと断るようになり、無理をせずに元気でいられるようになりました。

【3】コーチが要らなくなるとき

最近では、私が「調子はどうですか?」とメールをしても、

「大丈夫ですよ~」ぐらいの情報しか返ってきません。

コーチが本当に不要になると、こうなります。

実際に、うつ病の方と一緒にいる方はわかると思うのですが、たった3時間で、元気になるなんて、普通はまずありません。

もちろん、しっかりと治療を受けていらっしゃる上でのことですが、心の使い方が身につくと、こういう変化も普通に起こります。

コーチングの目的は治療ではないので、治療目的の依頼は受けることはできません。

しかし、そこまで追い詰められた人でも、今は前向きに、楽しく、そして何より無理せずに、元気に生活をされていると知っていただくと、きっとあなたも、ほっとされるのではないでしょうか。

この方は、私の提供するプログラムの一部だけを受けられました。

具体的にいうと、心理面のプログラムの第一段階で、この状態です。

脳と心の適切な使い方を、身に付けたい人は、こちらのメルマガをお申込みください。

私の提供しているプログラムの全体像が書かれています。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。