他人の暴言に左右されない方法

 上司や同僚から、暴言を受けて、

 

 もしくは無視されて、

 

 傷つかない人はいません。

 

 

 

 ですから、

 

 傷ついている自分が悪いとは、

 

 考えないでくださいね。

 

 

 

 その上で、あなたには、

 

 ぜひ現状打破、目標に意識を向けてほしいと思います。

 

 

 

 現状打破、目標に向けて動き出すことで、

 

 自分の意識をそちらに向けることができ、

 

 心のダメージを少し減らすことができます。

 

 

 

 たとえば、上司からパワハラを受けていて、

 

 その上司に対して仕返しを目標としたなら、

 

 パワハラを受けるたびに「これでまた証拠ができた」と

 

 思うことができます。

 

 

 

 そう思うだけで、少しだけ心のダメージが減ります。

 

 

 

 そして、怒りや悲しみというネガティブ感情を利用して、

 

 証拠集めや、法律などの情報収集を行うことで、

 

 より上司への仕返しに近づくことがしやすくなります。

 

 

 

 他人の暴言にまったく傷つかないことはできませんが、

 

 それを利用して、

 

 あなたの目標に近づくことはできるわけです。

 

 

 

 パワハラ・職場いじめを受けている間は、

 

 本当に精神的には辛く、自分のメンタルが弱いのではないかと

 

 思わされがちです。

 

 

 

 そのような洗脳をされないするためにも、

 

 ぜひ上記のような心構えをもってくださいね。

 

 

 

 もっともっと具体的なパワハラ・職場脱出方法については、

 

 こちらで詳しくご説明しています。

 

 ご希望の方は、上記または下の画像をクリックして、

 

 ご登録ください。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。