【副業・起業】貢献したい相手のために、しっかりと「情報の届け方」を考えておく

【副業・起業】クライアントに、自分の情報に関心をもってもらうためにするべきこと
発信した情報のほとんどは、スルーされるもの。 だから、自分が味方にしたい人が、何に関心を持っているのかを考えることは大切。相手が昇給に興味があるのか、職場の雰囲気に関心を割いているのかなどを知っていれば、そこに向けての情報発信をすることで伝わる確率が上がる。 — パワハラ解決コンサルタント 三國雅洋 (@artof_challenge) 2017年5月14日 相手の関心を見抜くときに、バランスホイールというものが役立つ。 人はいろいろなことに関心を持つ。たとえば、仕事、趣味、家族、社会貢献活動などいろいろなところに関心を持っている。 その関心のどれかにひっかかるだけで、相手にとってあなたの存在は大きくなる。 — パワハラ解決コンサルタント 三國雅洋 (@artof_challenge) 2017年5月14日 【1】重要性の低い情報は、認識にさえ上がらない 脳は、重要性の高い情報だけを、認識に上げます。 反対から言うと、重要性が低い情報はシャットアウトされるのです。 あなたが、クライアントに情報を届けたいと思っていても、相手にとって重要でない情報だと判断されると、そもそも認識にさえ上げられません。 そこで、大切となるのが重要性が高いと判断してもらう方法です。   【2】相手の重要性に合わせる キャッチ―なタイトルや、アイキャッチ画像などは、注目を集めるためには大切です。 ですが、それは本質ではありません。 大切なことは、クライアントの重要性に合わせて情報を発信することです。 クライアントにとって重要な情報を発信することで、あなたの情報が認識に上げられることになります。   【3】クライアントは、さまざまな関心を持っている クライアントが関心を持っている分野は、1つではありません。 たとえば私なら、パワハラ問題以外にも、いじめ、教育、コーチング、Mr.Children、家族、子ども食堂、『海皇紀』などのマンガに、関心があります。 そして、これらに関する情報なら、たとえそれが画面の端にあっても見落とすことはありません。 言い換えると、私に情報を届けたい場合、これらのどれか1つに合致していればよいのです。 クライアントがさまざま持っている関心のどれかに、あなたが合致すればよいのです。   【4】関心を通じて、情報を届ける

【1】「誰に貢献したいのか」が大切

私は、バリュー・プロポジションというものを大切にしています。

バリュー・プロポジションとは、次の3つを満たす価値です。

  1. 自分が提供できる価値
  2. 顧客が望んでいる価値
  3. 競合他社が提供できない価値

これは、つまり、顧客が望んでいて、あなただけが提供できる価値のことです。

そして、価値は相対的なものです。ある人にとって価値あるものでも、ある人にとっては価値がありません。

ですから、「誰にとっての価値なのか」が大切となります。

つまり、顧客が望んでいる価値のうち、あなただけが提供できる価値こそが、バリュー・プロポジションです。それはつまり、顧客を明確化しなければバリュー・プロポジションも決まらないということです。

【2】スムーズに、バリュー・プロポジションを届ける

顧客を明確化し、バリュー・プロポジションが見つかったとします。

しかし、それでも、それが顧客に届くとは限りません。

私達の周辺には、さまざまな情報が飛び交っています。しかし、私達が認識に上げるのは、ほんの一部です。顧客に届けたいメッセージが届く保証など何もありません。

そこで、どうやったら届けられるのかを考えることになります。

 

【3】顧客のRASを通過する

脳にはRAS(網様体賦活系)という、情報を取捨選択するシステムがあります。

このRASは重要な情報だけを取り入れて、そうでない情報を振るい落としています。ですから、顧客にメッセージを届けたいときには、このRASを通過する必要があります。

では、どうすればRASを通過できるかと言えば、顧客の重要性に合わせることです。顧客にとって重要な情報だけがRASを通過するのですから、顧客が重要だと考えている情報を発信しておくことです。

 

【4】メッセージは、RASを通過した人にだけ届く

私達は届けたいメッセージがあるとき、そのメッセージを直接届けようとしてしまいます。たとえば、「パワハラ対策として副業が大切だ!」というメッセージを、そのまま載せようとしてしまいます。

直接的なメッセージは、普段からそれが重要だと思っている人は、しっかりと受け取ってくれます。しかし、たとえば先のほどのメッセージを受け取るのは、副業が大切だと思っている人だけでしょう。

しかし、それでは届けたい相手に届かない可能性が高くなります。そこで、大切となるのが、RASを通過するようにする、という考えです。

たとえば、「パワハラを受けていると退職さえ考えることができなくなる」というところから初めて、「退職を考えたとしても、転職も難しいとなると身動きができなくなる。」、「そうなると、副業が大切だ」というように、RASを通過させていかなければなりません。

メッセージを届けるにはRASを通過する必要があり、そのためには相手のRASをしっかりと意識できていなければならないのです。

 

【5】どのように届けるのかが、なぜ大切か

バリュー・プロポジションをしっかりと届けるためには、どのように届けるかまで考える必要があるのです。それができて初めて、あなたのバリュー・プロポジションが、相手に届くようになります。

ですから、「誰に」と「どのように」をしっかりと考えるようにしましょう。そして、あなたのバリュー・プロポジションを、できるだけ多くの人に、スムーズに届けてください。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。