ボランティア活動をしている人のほうが、ビジネスに向いている。

パワハラ被害を受けていて、転職も難しい方には、副業・起業を考えるようにお伝えしています。

もちろん、転職活動を止める必要はありません。

転職活動を続けながら、副業・起業に向けた行動もとってもらいたいのです。

そうであっても「自分には無理だ」とおっしゃる方が多数です。

おそらくそれは「ビジネス=戦争」という刷り込みのせいだと思っています。

【1】ビジネスは、社会貢献である

社会的には「ビジネス=戦争」という刷り込みがあります。

「経営戦略」、「事業戦略」、「マーケティング戦略」など、経営に関する言葉は戦争に関する言葉ばかりであり、この「戦争の喩え」が無意識に「ビジネス=戦争」という刷り込みを作っています。

しかし、ビジネスの本質は社会貢献です。

社会の人々が望んでいる価値を提供することであって、本質はボランティアと同じです。

【2】ビジネスとボランティアの違い

ビジネスとボランティアの違いは、たった1つです。

それは「価値交換」が仕組みとして用意されているかどうかです。

ボランティア活動は、一方的に価値提供をすることが前提とされています。反対から言えば、価値交換が予定されていないため、価値交換の仕組みが用意されていません。

一方で、ビジネスは価値交換が予定されているため、そのための仕組みが存在します。たとえば、自動車販売会社が町の草むしりというボランティア活動をした場合、その「草むしり」という行為自体は同じです。しかし、自動車販売の仕組みが用意されていることによって、そのボランティア活動は単なるボランティア活動ではなくなります。

【3】「価値交換」の仕組みを作るだけでいい

ビジネスとボランティアの違いは、価値交換の仕組みの有無です。

ですから、ボランティアをビジネスにしたければ「価値交換の仕組み」を用意すればよいのです。

あなたが傾聴ボランティアをしているなら、たとえば別に有料の「傾聴ボランティア講座」などを用意しておくのです。

そうすることで、あなたのボランティア活動はすべて自然とマーケティング活動になります。

今までどおりボランティア活動をすればよいのです。

それがすべて、ビジネスのための活動に自然と繋がります。

【4】ボランティア活動をしている人は、ビジネスに向いている

ボランティアとビジネスを分けるのは、「価値交換」の仕組みの有無です。

そして、価値交換の仕組みさえあれば、すべてのボランティア活動はビジネスの活動となります。

ただボランティア活動をすることが、自然とビジネスにおけるマーケティング活動になるのです。

ですから、ボランティア活動をしている人ほど、ビジネスがしやすいのです。

ビジネスとボランティアの本質が社会貢献であるからこそ、ボランティア活動をしている人のほうがビジネスに向いています。

ですから、「私にはビジネスは無理だ」なんて思わないでください。

ただ「価値交換」の仕組みを用意するだけで、あなたもビジネスを始められます。

もし転職ができずに困っているなら、ぜひ今あなたがしているボランティア活動をもとに、ビジネスを始めてください。

あなたならできます。

パワハラ脱出 副業・起業プログラム
(一般)副業・起業コース コーチ副業・起業コース 料金は、個別説明会(無料)にて公開します。 お申し込みは、下記のフォームからお願いいたします。 お問い合わせは、こちらをご利用ください。 プログラムの詳細説明は、このページの下部にあります。 【個別説明会お申し込みフォーム】 【このプログラムの対象】 このプログラムは、次のような方を対象としています。 パワハラなどによって、退職・転職を考えている。 職場内での人間関係に疲れている。 年齢のため転職することが難しい。 パワハラなどによる心理的障害によって、再就職が難しい。また再就職に不安や恐怖を感じる。 副業・起業を行いたいと思っている。 また、次のような方はこのプログラムの対象とはなりません。 副業・起業に向けて、毎日30分~1時間ほどの作業時間を、取ることができない いますぐに収入を得たい 【副業・起業プログラムのゴール】 このプログラムのゴールは、あなたが、6ヶ月以内にパワハラ職場を脱出できるようになることです。 まずは副業を始めて、経済的収入を増やします。 そして、「いつでも辞めることができる」状態を作るのです。 そのために、30日以内に商品・サービスを構築し、有料で顧客を得ることを目指します。無料ではなくて、有料で顧客を得る経験を30日以内に作ります。 そしてそのために、10日以内に商品・サービスの試作品を作り上げます。 転職活動の8割は、待ち時間です。 面談が決まるまで、面談日時まで、合否の結果を得るまで、それぞれに待ち時間があります。 そのため、1、2週間は、あっという間に過ぎてしまいます。 パワハラ被害者にとっては、1週間の勤務を過ごすだけでも大変なことです。 ですから、時間を無駄にしている時間はありません。 その点、副業のための時間は、全部、自分がすることができます。 ですから、待ち時間は存在しません。 パワハラからの脱出に向けて、毎分を大切にできるのです。 Michael Coghlan via Compfight 【待ち時間が、副業・起業に向けた時間に変わる】 パワハラ被害を受けているときは、緊急事態です。 待ち時間という、意義の少ない時間を過ごしている余裕などありません。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。