パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

もっと欲に素直になっていい。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

ゴール設定には2つの条件があります。

その1つが「WANT TO」です。

簡単に言えば、達成したいと思えることです。

できるだけ、自分の煩悩、欲に正直になって、ゴール設定してください。

もちろん、煩悩、欲の赴くまま行動しようといっているわけではありません。

そうではなくて、煩悩、欲を否定しないで欲しいということです。

いじめ・嫌がらせ被害体験者は、社会的なゴールを持っている人が多いです。

いじめ・嫌がらせをなくそうとして、実際に活動されている方が多いです。

しかし、ほとんどの人が、それを完全無料でやっている。

もちろん、それ自体は素晴らしいことです。

問題は、我欲を無視していないか、です。

誰かを見返したい、やり返したい、お金を稼ぎたい、モテたい、褒められたい、

こういう我欲があっていいのです。

こういう我欲を無視してゴール設定をしても、うまくいきません。

ゴールに向かうブースターとなるのは、我欲です。

なぜ我欲を否定して欲しくないかといえば、

我欲を否定すると行動の幅が大きく狭まってしまうからです。

たとえば、このブログではほぼ毎回、

メルマガ登録を勧めていますが、

これはもちろん我欲も入っています。

ですが、メルマガがあなたの役に立つとも思っているから、

おすすめしているわけです。

しかし、我欲を否定すると、

「メルマガ登録を勧めるのは、イヤラシイ」と考えて、

メルマガ登録を勧められなくなります。

我欲が入っているからといって、自分のゴールから遠ざかるのは、

よいことでしょうか、わるいことでしょうか。

ゴール設定をして行動を起こし始めると、

必ず内部に我欲があることに気がつきます。

そこで、我欲を否定して、自分の行動の幅を狭めないでほしいのです。

ゴール達成を阻むものはなんであれ、ゴールから見たら不要なものです。

「自分は社会貢献と言っているが、ただ目立ちたいだけではないか」という高尚な考えも、

それがあなたを引き止めているなら、ブレーキにほかならないのです。

ですから、我欲を否定はしないでください。

ゴールに向かって進んでいきましょう。

そして、その中に我欲があっても、その我欲にゴール達成を邪魔されないようにしてください。

むしろ我欲をブースターにして、どんどん加速していきましょう。

ゴールの条件「WANT TO」について

もっとゴールについて知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

夢中になることが、心によって良い理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ被害体験の悪影響を減らす、 一番簡単な方法は、何かに夢中になることです。 私は最近、詰将棋を始めました。 詰将棋は、簡単に言えば論理パズルです。 論理パズルが好きな人は、かなり夢中にな …

no image

快適領域が、あなたを縛り付ける。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

どうしてなの?ふられた彼氏に「こだわってしまう」3つの心理はじまりがあれば、そこには終わりがあるもの。 恋愛の場合、終わりがハッピーエンドの場合もあれば、残念……… …

no image

五郎丸選手が、メディアに出る理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

五郎丸歩、広報活動は「自分の役目」 「色んな選手にスポットを」と呼びかけも ラグビー日本代表でヤマハ発動機ジュビロ所属の五郎丸歩選手が『アサヒビール株式会社』とパートナーシッ…&#8230 …

no image

幸せを感染させる人になる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「あげまん女性」の共通点を知って、自分もカレもハッピーになろう「あげまん」とは、一緒にいる男性に幸運をもたらしたり、出世させたりする「縁起のよい女性」のことをいい……&#823 …

no image

ワークに取り組み続けられない、3つの理由とは?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

何かが続けられない理由は、3つしかありません。 1 ゴールが低すぎる。2 達成したいゴールではない。3 達成できると思えない。 ちなみに、コーチングでの最初の壁が1です。 私たちは現実的に考えろと言わ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。