パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

いじめは必ずしも犯罪ではないが、相談したくなるレベルは、ほぼすべて犯罪。

投稿日:

知っておくべき! 子ども同士のいじめ問題に弁護士が必要なワケ
こんにちは、佐原チハルです。 “弁護士”というと、自分の生活にはあまり関係のない職業のように感じら……….≪続きを読む≫

【理論編】

 記事にはいじめは犯罪ですと書かれています。

 もちろん、いじめが必ずしも犯罪とは限りません。

 しかし、相談したくなるレベルのものは、ほぼ間違いなく犯罪です。

 

 私がサラリーマン時代に、

 パワハラによって睡眠障害にまで追い込まれた人がいました。

 追い込んだバカ上司は、「メンタルが弱い」と言っていましたが、

 本来なら傷害罪で逮捕されていてもおかしくはありません。

 

 これは知っておいて損はありませんが、

 傷害罪における「傷害」とは、「人の生理機能を害すること」とされています。

 睡眠障害は生理機能を害していますから、十分に傷害罪に該当するわけです。

 

 もちろん、刑法上、傷害罪に該当するからといって、

 警察が動いてくれるわけではありません。

 あなたも、逮捕させることを望んではいないでしょう。

 

 ただ、もし職場いじめのレベルが犯罪レベルだと認識できれば、

 あなたも、専門家に相談しやすいでしょう。

 

 職場の問題は、相談する相手が少ないことが多く、

 また、少しずつ被害が進行していくので、

 相談するタイミングがわかりにくいのです。

 

 刑法の知識があれば、「これは相談しても良いレベルだ」とわかります。

 相談するタイミングを掴めます。

 

 できるだけ早めに、専門家に相談するようにしてくださいね。
  
 早い方が取りうる選択肢も増えますし、結局かかる金銭的費用も少なくて済みますから。

【実践編】

1 自分の現状を客観的に見て、「話を聞いてあげたい」と思うかどうかを、を考えて下さい。
  つまり、第三者からあなたを見たときに、「話を聞いてあげたい」と思うかどうかを、考えます。

2 もし話を聞いてあげたいと思うなら、それは相談したいと思うレベルです。
  専門家に相談しましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

3分の1の煩悩のススメ-『煩悩のススメ-幸福になる49の方法』

「いい人」にとって大切となるのが、モチベーションです。 そのモチベーションで悩んだときに読んでほしい本が、 この本です。   https://www.amazon.co.jp/dp/4484 …

no image

自己犠牲は、誰のためにもならない。

パワハラ被害を受けている方の中には、家族のために、または同僚のために会社を辞めたい人が多くいらっしゃいます。 自分を犠牲にして、他の人を守ろうとされています。 これは、とても美しいことです。 ですが、 …

no image

自分にしかできない社会貢献を見つけると、自己肯定感をすぐに取り戻すことができる。

パワハラ被害を受けているときに、 自己肯定感を保つのは、簡単なことではありません。   日々繰り返されるあなたに対する言動に対して、 まず戦わなくてはなりません。 同時に、それに対して対策行 …

誰かが職場いじめのターゲットになり続ける職場がある。

事実として、 常に誰かがパワハラ・嫌がらせの ターゲットになる職場があります。     毎年、新入社員の誰かがなることが多いです。   【1】ターゲット選定に、理由はない …

no image

「職場の病気」としてのパワハラ

世の中には、常に誰かがパワハラに遭っている職場があります。 もしあなたが被害に遭う前に、誰かが同じような被害に遭っていたなら、パワハラは「職場の病気」の可能性があります。 パワハラを生み出す職場となっ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。