パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

いじめは必ずしも犯罪ではないが、相談したくなるレベルは、ほぼすべて犯罪。

投稿日:

知っておくべき! 子ども同士のいじめ問題に弁護士が必要なワケ
こんにちは、佐原チハルです。 “弁護士”というと、自分の生活にはあまり関係のない職業のように感じら……….≪続きを読む≫

【理論編】

 記事にはいじめは犯罪ですと書かれています。

 もちろん、いじめが必ずしも犯罪とは限りません。

 しかし、相談したくなるレベルのものは、ほぼ間違いなく犯罪です。

 

 私がサラリーマン時代に、

 パワハラによって睡眠障害にまで追い込まれた人がいました。

 追い込んだバカ上司は、「メンタルが弱い」と言っていましたが、

 本来なら傷害罪で逮捕されていてもおかしくはありません。

 

 これは知っておいて損はありませんが、

 傷害罪における「傷害」とは、「人の生理機能を害すること」とされています。

 睡眠障害は生理機能を害していますから、十分に傷害罪に該当するわけです。

 

 もちろん、刑法上、傷害罪に該当するからといって、

 警察が動いてくれるわけではありません。

 あなたも、逮捕させることを望んではいないでしょう。

 

 ただ、もし職場いじめのレベルが犯罪レベルだと認識できれば、

 あなたも、専門家に相談しやすいでしょう。

 

 職場の問題は、相談する相手が少ないことが多く、

 また、少しずつ被害が進行していくので、

 相談するタイミングがわかりにくいのです。

 

 刑法の知識があれば、「これは相談しても良いレベルだ」とわかります。

 相談するタイミングを掴めます。

 

 できるだけ早めに、専門家に相談するようにしてくださいね。
  
 早い方が取りうる選択肢も増えますし、結局かかる金銭的費用も少なくて済みますから。

【実践編】

1 自分の現状を客観的に見て、「話を聞いてあげたい」と思うかどうかを、を考えて下さい。
  つまり、第三者からあなたを見たときに、「話を聞いてあげたい」と思うかどうかを、考えます。

2 もし話を聞いてあげたいと思うなら、それは相談したいと思うレベルです。
  専門家に相談しましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

二次被害に遭わずに、パワハラを相談する方法

パワハラ・職場モラハラの被害者が、 普通に相談をすると、 ほぼ間違いない「あなたにも責任がある」と言われます。   このように言われると、被害者は大きなショックを受けます。 「二次被害」と呼 …

no image

パワハラに対して言い返せない自分を責める必要はないし、むしろ責めてはいけない。

言い返せない自分を責める必要はありません。 自分を責めるのは、自己肯定感を下げてしまいます。 自己肯定感が下がると、悪循環が起きますので、むしろ自分を責めてはいけないぐらいです。 — パワハラ解決!法 …

no image

加害者に何を言われても、あなたには関係がない

パワハラの加害者は、 あなたにいろんなことを言ってきますよね。   気にするなと言われても、 気になるのは当然です。   気になるのは仕方ないことですが、 他人の言動を受け入れる必 …

no image

パワハラ・職場いじめは、命に関わる。

パワハラ・職場モラハラは、 本当に命に関わる問題です。   なぜ、それが理解されないのかが 私にはよく分かりません。   【1】パワハラは、命に関わる問題 パワハラ・職場モラハラは …

no image

「パワハラの何が悪いのか」に対する答え

「パワハラの何が悪いのか」という質問が、あります。 ”パワハラなんて、昔は当然だった”とか、”される方が悪い”というのが論拠のようです。 今回は、これについて答えておきたいと思います。   …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。