パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

会社を辞めたいときは、どうすればよいか。【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:2016年3月30日 更新日:

会社を辞めたいとき、

最初に考えるのは転職でしょう。

ただ、年齢的に会社を辞めるのが難しいとなると、

多くの人は、「耐える」という選択肢を選びます。

でも、本当に耐える必要があるのでしょうか。

多くの場合、解決策が見つからないというのは、

単に、解決策が見えていないだけ、です。

 

人間の脳は、

現状を維持するための情報を集める習性があります。

 

脳科学的にはRAS、

心理学的には確証バイアスと言われるものです。

 

そうすると、解決策があっても、

認識しないということが出てくるのです。

 

退職以外の方法が浮かんでも、

「自分には無理だ」と思って、すぐに忘れてしまいます。

 

よく「すぐに忘れるということは重要じゃない」という人がいますが、

必ずしもそうではありません。

 

せっかく目隠しが外れて見えたのに、

また目隠しをして、見えなくなったのかもしれません。

解決策を、自分で見えなくしてしまったのかもしれないのです。

 

耐える以外の方法は、実は、ちゃんとあります。

あるけれど、それを脳が見えなくしているだけです。

 

少なくとも、ずっと耐える必要はありません。

リスクはほとんどなく実行できて、

人に感謝もされて、

退職することができる方法です。

 

最小のリスクで、退職できないジレンマを解消する方法について、

お知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者の「常識だ」という主張には、「たしかに・・・しかし」で対応できる。

パワハラ加害者は、「常識」という言葉で、あなたを追い詰めます。 「常識がない。」、「こんな常識的なことも知らないのか。」、「有給を全部使うなんで、非常識だ」などです。 この常識という言葉は、とても都合 …

no image

部下を無能だという上司こそ、無能【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】 パワハラ被害者は、 有能な人が多いと言われているのは、 ご存知ですか? 私の知っているだけでも、 次期社長と周りから言われたために、 パワハラで退職した人が2人います。 つまりは、自分の地 …

仕事が続かないのはメンタルが弱いからではない。

「メンタルが弱いから、仕事が続かない」というご相談を、 受けることがあります。 でも、本当にそうでしょうか。 仮にメンタルが弱いことと、仕事が続かないことは因果関係があるでしょうか?   【 …

no image

職場で役立たずな自分が嫌いになったら

パワハラを受けていると、自己肯定感は下がりがちです。 自分は役立たずなのではないかと、 思い込んでしまうのが普通でしょう。   しかし、それは8割以上は、思い込みにすぎません。   …

no image

退職準備が、心を支える。

   いつでも会社を辞められる。    この感覚こそが、    会社に縛られないために必要なものです。        いつでも会社を辞める準備はできているので、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。