パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

ツライ体験をした人が、ハッピーになる方法【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:

 私が、パワハラ・職場いじめ被害者の支援を行う理由の1つは、

「ツライ思いをした人ほど、ハッピーであるべきだ」

 と思っているからです。

 

 ツライ思いをした人にこそ、

 そして、善人にこそ、

 脳と心の仕組みを身に付けてもらって、
 
 どんどんやりたいことをしてほしい。

 そして、同じような境遇の人を、

 どんどん助けてほしい。

 でも、実際には、

 パワハラ・職場いじめを受けても、

 辞めることができないのが、現実です。

 人助けどころではなく、

 自分の心身を守れるか、が問題となります。

 

 ですから、

 最初は心理面のサポートが必要となります。

 そして、同時に法律面でのサポートがあれば、

 さらに安心されるでしょう。
 

 ただ、心理・法律の支援があっても、

 退職することはできない。

 どれだけメンタルコントロールが上手になって、

 心が傷つかなくなっても、

 やはり経済面の現実を、無視することはできません。

 

 そこで、経済面も含めた解決策が必要となります。

 

 まず、パワハラや職場いじめを受けて

 傷ついた心を落ち着けて、安心すること。

 そして、冷静な頭になってから、

 メンタルコントロールを身につける。

 そうすることで、傷つきにくい心を作り上げるとともに、

 目標に向かって、前向きでい続けることができるようにする。
 
 

 誰でも、一時前向きでいることはできますが、

 その状態を保つことができるようにする。

 

 そのメンタルコントロールを身に付けてから、

 やっと次に、経済面を解決するために動き出す。

 心が安定していない状態で、経済面の問題に取り組むのは、

 不可能だからです。

 この順序を守ることが、

 パワハラ問題解決には絶対に必要です。

 

 あなたはきっと、今はツライ状態だと思います。

 ですから、今は、経済面の問題を解決することまでは、

 信じられないかもしれません。

 でも、自分の心をコントロールすることについては

 きっと信じられるのではないでしょうか。

 

 まずはメンタルコントロールの技術を、ぜひ身に付けて下さい。

 そうすることで、

 心の回復が早くなり、傷つきにくくなり、

 あと、とても楽になります。

 

 退職できないジレンマを解消するための、

 具体的な方法について知りたい方は、

 どうぞ、こちらをご覧ください。

 ツライ体験をした人にこそ、

 読んでいただきたい内容です。

 ぜひ、信じなくてもよいので、

 一度、お目通しいただきたいと思います。

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

あながた会社を辞められない理由【退職できないジレンマを解消する。】

 会社を辞めたいけれど、辞められない。  会社を辞めたい理由は、  多くの場合は、そうしないと心身を健康に立ててないから。    一方で、定期収入を得るためには、  会社勤務を続けなければなりません。 …

no image

パワハラで会社を辞めたいときの対処法

パワハラを受けて、会社を辞めたいと思ったとき、 最初に考えて欲しいのが、 「辞めても困らない状況を作ること」です。   あなたのセーフティーネットを作ること、 会社を辞めても大丈夫だと思える …

no image

ゴール設定は、検索エンジンのごとし【退職できないジレンマを解消する。】

「せどり」はおすすめしないという記事を書いたら、 「せどり」で検索してくる人が増えました。  これは、脳の仕組みととても似ていると思います。   【理論編】  心理学で、プライミングと呼ばれる現象があ …

no image

セルフトークのコントロールで、自分の心を守る。【退職できないジレンマを解消する。】

 セルフトークのコントロールは、  本来は、コーチングの技術です。  つまりは、目標達成のために使う技術です。  しかし、これは自分の心を守るためにも使えます。    まず、セルフトークといいうのは、 …

no image

リスクは取らなくていい。【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】  会社を辞めるというリスクを取るのは、  大変なことです。  思い切って退職する人は、  もちろん、私は応援しています。    しかし、だからといって、  みんな、思い切ってジャンプしよう …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。