過去を変えることはできないから、未来を変える。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ被害体験を取り扱う場合、

普通は、その出来事に対する解釈を、直接変えようとします。

私がお伝えしている方法は、未来に働きかける方法です。

適切なゴールを設定し、そのゴール実現に本気で取り組むことで、

結果的に、出来事の解釈が変わるようにします。

たとえば、あなたがコーチングに興味を持つと、

自然と、占いには興味がなくなってきます。

なぜかといえば、コーチングは未来は自分で作るものだと考えるからです。

あるものの重要性が上がると、それに反するものの重要性は下がります。

この脳と心の仕組みを利用して、過去の出来事の意味を変えるのです。

この方法の優れたところは、過去に働きかけをしないことです。

過去に働きかけるのは、臨床心理士、医師などの専門家が行わないと、

トラウマを刺激する可能性があります。

しかし、コーチングでは未来に働きかけるので、トラウマを直接刺激することはありません。

だから、安全なのです。

そして、一挙両得だというのもよい点です。

ゴール実現と、過去の解釈が同時に行われるわけであり、

過去の解釈を終えてから、未来に向かうという2つの行動が不要になります。

ですから、未来に働きかけることをおすすめします。

そのための方法論がコーチングです。

もっと詳しい内容について、メルマガで書いていますので、

興味がある人は、こちらからご登録くださいね。

カウンセリングとコーチングの違いについては、この記事をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。