パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

自己イメージを変えるセルフトークとは?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

少し復習になりますが、

「はじめにゴールありき」です。

ゴール設定がされると、ゴールを達成するために「あるべき姿」が決まります。

新しい自分らしさが決まるのです。

このゴールを達成するべき自己イメージに、実際になるための方法論があります。

それがセルフトークのコントロールです。

セルフトークとは、簡単に言えば、心の声です。

この文章を読むときに、あなたは心の中でこの文章を音にしていると思います。

その心の中の声が、セルフトークです。

通常、セルフトークは、自己イメージを反映したものになります。

失敗したとき「なんでいつもこういうミスをするんだろう」と心の中で言っていませんか?

それは「自分はいつもこういうミスをする人間だ」という自己イメージを反映しているのです。

そして、このセルフトークはまた心の中に刻まれて、自己イメージを強化しています。

反対に、セルフトークを変えることによって、自己イメージも変えることができるのです。

そのときの基本が、ゴールに近づいたら「自分らしい」、遠ざかったら「自分らしくない」とセルフトークすることです。

いじめ・嫌がらせ体験が心に浮かんで、前に進めないとき、

「こんな記憶にとらわれているなんて、自分らしくない」とセルフトークをしましょう。

堂々と自己主張したい自分になりたいと思っていて、

自分の主張をブログに書くことができたなら、「さすが私。(自分らしい)」とセルフトークをしましょう。

これを、徹底することで、セルフイメージはどんどん変わっていきます。

大切なことは、「徹底すること」です。

セルフトークは1日に3万~6万回行われていると言われます。

1日に数回セルフトークを思いつきで変えたぐらいでは、変わりません。

セルフトークのコントロール、徹底してみてください。

結果は保証します。

もっと詳しくやり方を知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

質問を変えることで、セルフトークを変える。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

人生を変える3つの大事な質問。必要なのは答えよりむしろ問いである Pick The Brain: その人の答えよりも、その人の問いで、どんな人か判断せよ ……….≪ …

no image

勘違いさせるぐらい、リアルにする【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

あがり症は必見! 話し方講師が教える、簡単にできる人前で上手に話すコツ結婚式でのスピーチ、配置換えの際の自己紹介、職場でのプレゼンなど、人前で話す機会は意外と多いですよね……& …

no image

危機に陥ったときは、どうすればいい?

パリで同時多発テロがありました。 このようなときに役立つ心理学があります。 クライシスサイコロジーと呼ばれる分野です。 私達は、危機には「闘争か逃走か」と呼ばれる心理状態に陥ります。 これは、簡単に言 …

no image

パワハラ被害体験は、プラスに変えられる。

パワハラなんて受けないほうがよいに決まっていますが、 それをプラスに変えることはできます。   無駄にしないという意味ではなく、 プラスの資産に変えられるのです。   【1】目標達 …

no image

過去は自己否定の理由にはならない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  計算問題を間違えたとき、  「自分はバカだ」と思うのも、  「あれっ、おかしいな」と思うのも、  どっちでも自然なはずです。  計算問題を間違えたことは、「自分はバカだ」と思う理由にはな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。