パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

解釈から、自己イメージを推測する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

びっくりするほど靴紐がほどける… 「自分ってダメ人間だな」と思う瞬間
 みんなはちゃんとできているのに、なぜか自分だけいつも同じ失敗をしてしまう。その失敗が小さくて地味な……….≪続きを読む≫

【理論編】

ダメ人間だなと思う瞬間の中に、「サボテンを枯らしてしまう」というのがありました。

砂漠よりも過酷な環境なのかと思うというのが、理由らしいです。

本当に、ダメ人間だなと思っているわけではないと思いますが、

基本的には、セルフトークは、自己イメージを反映します。

その物事をどのように捉えるかは、自分をどう考えているかを反映するのです。

ダメ人間だと思った出来事として「同じ漫画を2冊買ってしまう」というのもありましたが、

一般的には「これ、持ってたんだ」で終わりですね。

私も海皇紀という漫画で、2冊あるものがあります。

でも、さすがに自分をダメ人間だとは思わないです。

これを、「ダメ人間」に結びつけるのは、

自分をダメ人間だと思っているからです。

自分はダメ人間だと思っているから、

ダメ人間だと思える証拠が出てきたときに

「やっぱり自分はダメ人間だ」と、意味づけをします。

これを、確証バイアスと言います。

【実践編】

あなたのセルフトークを、意識に上げてみて下さい。

そして、それはゴールを達成するセルフイメージにふさわしいかを判断しましょう。

ゴールを達成した自分なら出てこないセルフトークなら、すぐに消去。

自分にふさわしいセルフトークに置き換えましょう。

参考記事

自己イメージを変えるセルフトークとは?

コーチング理論を身に付けて、自分を変えたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

メルマガではマインドセットを変える3ステップに沿った手法で、

理論を無意識にまで落とし込めますよ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自分が変わらなくては達成できないことが、ゴールの条件。

今回は、「被害体験をプラスに変えるための、ゴール設定の条件」という話をします。 何度か書いてはいるのですが、ゴールには条件が2つあります。 1 「現状の外」2 「WANT TO」 今回は特に、「現状の …

no image

人間関係に疲れたときに思い出してほしいこと

 人間関係で疲れたときには、    ぜひこれを思い出してください。        周囲の人も、    人間関係に疲れている、という事実を。     & …

no image

いじめ・嫌がらせ体験を、無理にプラスに変えようとしなくてもOK。

ブログタイトルとは真反対ですが、 実は無理にプラスの力に変える必要はありません。 ゴールを設定し、ゴール達成に向かっていくうちに 勝手にプラスの体験に変わっていくからです。 これが、ゴール設定の威力で …

no image

ドリームキラーは必ず出てくる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

コーチングにはドリームキラーという言葉があります。 これは、その名のとおり、ゴール実現を妨害する人のことです。 ゴール実現に向かうと、必ずドリームキラーが出てきます。 なぜ、このようなネガティブな予言 …

no image

権利はどんどん主張してOK【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 過去には、血判状というものがありました。 誰が首謀者かが分からないように、円形に名前を書いたそうです。 昔は、「物申す」こと自体が命懸けだったわけです。 少し前なら、直接的に上司に物申すこ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。