パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

マイナスの出来事を、プラスに変える。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

パート職員が6000万円着服=顧客の定期預金など-千葉興業銀
 千葉興業銀行(千葉市)は20日、検見川支店の渉外担当だった女性パート職員(52)が、顧客4人の預金……….≪続きを読む≫

【理論編】

銀行からすれば、着服されて、銀行のイメージがガタ落ちです。

現時点で、良いことなんて一つもありません。

でも、これがきっかけに利益があがったら、

この出来事はプラスの出来事になります。

できるだけ多くの顧客、見込み客に対して

まずはメールで取り急ぎの謝罪をし、

書面でも謝罪してをしておき、

これから取引先になってほしい見込み客を中心に、

電話、対面で謝罪するようにすれば、

かなりイメージアップができるでしょう。

銀行は保険で損はしないでしょうし、

きっかけに会うチャンスを作れるのですから、

万々歳のはずです。

出来事の意味は、事後的に決まるのです。

【実践編】

1 もし今日ネガティブな出来事があったら、反対に最高のポジティブな結果を想像しましょう。
例:夫婦喧嘩をした。 → 夫婦の絆が一層深まる。

2 ネガティブな出来事を、どうすればポジティブな結果に結び付けられるのかを考えましょう。

3 実行してみた結果や感想を、ブログなりで共有しましょう。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

なかなか変化できずに困っている方は、メルマガ登録をどうぞ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

依存させるのは、技術が未熟な証拠【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

コーチの目的は、クライアントが本当に達成したいゴールを見つけることです。 ゴール達成に向けて動いてしまう、そういうゴールを見つけてもらうことです。 そして、そのために、脳と心の使い方を身につけてもらう …

no image

自分を変えるは、ゴールにしないほうがよい理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

自分を変えることをゴールにしても、 自分を変えることはなかなか難しいものです。 1日に1つ記事を書く事をゴールにしていたら、 1つできるかどうかもわかりません。 しかし、1日に10個記事を書く事をゴー …

no image

自己イメージを変えるセルフトークとは?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

少し復習になりますが、 「はじめにゴールありき」です。 ゴール設定がされると、ゴールを達成するために「あるべき姿」が決まります。 新しい自分らしさが決まるのです。 このゴールを達成するべき自己イメージ …

no image

自分が変わらなくては達成できないことが、ゴールの条件。

今回は、「被害体験をプラスに変えるための、ゴール設定の条件」という話をします。 何度か書いてはいるのですが、ゴールには条件が2つあります。 1 「現状の外」2 「WANT TO」 今回は特に、「現状の …

no image

障害を中間目標にするテクニックとは?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

ゴール設定をして、ゴールに向かっていくと、 必ず障害に当たります。 そのときに役立つのが、「障害を中間目標にする」というテクニックです。 たとえば、いじめ・嫌がらせ被害者の支援業務の1つとして、 全国 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。