パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

影響を受けたい人に近づく。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

ドラマや映画のせい? 実はそんな悪人じゃなかった!? という歴史上の人物7選!
心の底まで悪で凝り固まった悪魔のような人間というのは普通いません。誰でも善良な面を持っているものです……….≪続きを読む≫

ニュースで取り上げられている人の中で、

田沼意次という人がいます。

私の大学時代の恩師は、

この田沼意次の子孫でした。

恩師は、

時代もあるのでしょうが、

大学生1年生のときに授業をボイコット、

教授が授業をしないので、自分が学生相手に授業をした、

という非常識人でした。

自分が、大学1年生なのに、同級生相手に授業をしていたわけです。

その人を見ているので、

田沼意次が、おそらく飛びぬけて賢かったのだろうと、

リアルに想像できます。

私の中での、賢い人のイメージは、恩師です。

歴史上の人物に限らず、

すごい人というのは、どこにでもいます。

そういう人に近づくのは、とてもよいことです。

自分の中のリアリティを、グッと上げることができます。

たとえば、いじめ・嫌がらせ被害体験者で、

過去の出来事がマイナスに感じている人は、

同じ被害体験者の中で、「こういう人になりたい」という人に、連絡をとってみるのです。

そうすると、なりたい自分像がリアルに感じられますから、

これはどんどんやってみてほしいですね。

【実践編】

1 ゴールの世界にいる人を、上げてください。
  例:国連事務総長

2 ゴールの世界にいる人に、コンタクトを取ってください。
  例:国連のHPからメッセージを送る。

なかなか変化できずに困っている方は、メルマガ登録をどうぞ。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

出来事の意味は、事後的に決まる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

西條剛央先生が「意味の原理」と、呼ばれるものがあります。 「出来事の意味は、事後的に決まる」というものです。 ネガティブな出来事があったとき、これほど大切な原理はありません。 覆水盆に返らず。 しかし …

no image

始末書を悪用したパワハラの例

加害者は、何でもあなたを攻撃する材料としてきます。   始末書という形式をとったパワハラも、よくあります。 パワハラの典型例の1つです。   もともと、被害者はパワハラを受けている …

no image

恐怖感情を、和らげる簡単な方法とは?

恐怖は、他人を支配するのに最も使いやすい感情です。 親を子を、上司は部下を、テロリストは国民を、恐怖で操ろうとします。 その恐怖の度合いに差はありますが、やっていることは同じです。 恐怖で、人を支配し …

no image

パワハラを受けて、平気な人はいない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 パワハラ・職場いじめなどを受けている人に、「相手が悪いのだから、気にしないでいいよ。」と、 言う人がいます。  相手が悪いという部分については賛成です。 普通の社会人なら、誰かを傷つけようとはしませ …

no image

ゴール側への現状の外へと、常に自分を動かす。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 常に、ゴールに向かって、現状の外に踏み出していく。 これができれば、過去なんて関係ありません。 そして、そのときに役立つ考え方が、許容損失です。 許容損失については、参考記事をぜひ読んでく …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。