パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

許容損失を決める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

コンプラ担当社員 従業員のSNS書き込みに頭抱える
 ネットが普及するにつれ、企業も炎上騒動に巻き込まれることが増えてきたが、昨今問題になっているのが社……….≪続きを読む≫

【理論編】

連続起業家の思考法の1つに、「許容損失」というものがあります。

http://www.effectuation.org/learn/principle/3

これは、その行動によって得られるかどうかわからないメリットではなくて、

それぞれのステップで失っても構わない範囲を決めることで、

リスクを制限する、という原則です。

最悪の事態を想定して、それでもOKと思えるかどうかを考える、ということです。

これが、「今までの自分らしくない」ことをするときの原則です。

上記の記事でいえば、企業にとって実名、または社名を出してのSNSは許容損失外だということです。

たとえば、今現在も、バカな上司に嫌がらせを受けているとします。

今までの自分ならただ耐えていたのですが、

ゴールを設定し、あるべき自分を作ったら、

耐えているのはは、自分らしくないと思うようになった。

でも、言い返したりするのは怖い、というとき、

まずは言い返したときの最悪の事態を考えてみるのです。

そして、その結果を許容できるのであれば、一度言い返してみるのもよいでしょう。

大切なことは、「自分らしさ」をゴール側にどんどん近づけていくことです。

【実践編】

1 ゴール側の「自分らしさ」に近づくための行動を1つ選びましょう。

2 その行動を起こした結果、最悪の場合はどうなるかを考えましょう。

3 最悪の結果を耐えられるなら、「エイヤッ!」で実行しましょう。

4 許容できない、耐えられないなら、耐えられる範囲の行動を探しましょう。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

関連記事

最悪の事態を想定することから、始める。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

常に少数派に徹する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ被害体験者の強みは、少数派であることです。 少数派に立ったことのない人に、個性などありません。 しかし、少数派であることは恐怖を感じることであり、 つい、多数派に回ってしまいそうになり …

no image

自信過剰になるという心配は不要。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

失恋して自信喪失……自分に自信を取り戻す方法4選        失恋するだけでもつらいのに、それが彼からフラれたとなると女性としての自信をな …

no image

将来を見つめると、聞き手はあなたの過去は見えなくなる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

指原、こじるりを尊敬「すごすぎる」「モンスター」 HKT48の指原莉乃(23)が20日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)……….≪続きを …

no image

パワハラを受けて、平気な人はいない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 パワハラ・職場いじめなどを受けている人に、「相手が悪いのだから、気にしないでいいよ。」と、 言う人がいます。  相手が悪いという部分については賛成です。 普通の社会人なら、誰かを傷つけようとはしませ …

no image

パワハラ被害者にこそ「エフィカシー」を高める働きかけが必要な理由

パワハラを受けると、どうしてもエフィカシー(「自己のゴール達成能力の自己評価」)が下がります。 これが下がり続けると、自分には解決できないと思い込む、学習性無力感に陥ります。 — 三國雅洋:パワハラ解 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。